バイクインプレッション2015「LIV AVAIL ADVANCED2」 ディスクブレーキを搭載した女性のための快適ロード

  • 一覧

 世界最大の自転車メーカー、ジャイアントが手がける女性モデル「LIV」(リブ)。オンロードからオフロードまで車種が充実しているほか、アパレルも展開している。2015モデルは、デビュー当時よりもジャイアント色を抑え、LIVブランドをより前面に押し出してきた。今回試乗したのは、エンデュランス系モデルの「AVAIL ADVANCED 2」。シリーズのセカンドグレードにあたるカーボンフレームに、シマノ105コンポーネントとディスクブレーキをセットした、サイクリングを快適に楽しめる優良モデルだ。

LIV AVAIL ADVANCED2(リブ アヴェイル アドバンスド 2)LIV AVAIL ADVANCED2(リブ アヴェイル アドバンスド 2)

LIV AVAIL ADVANCED 2(リブ アヴェイル アドバンスド 2)
価格:195,000円(完成車、税抜)
サイズ:375(XXS)、410(XS)、445(S)mm
カラー:ダークブルー
問い合わせ先:ジャイアント http://www.giant.co.jp/

スペック

フレーム:Advanced-Grade Composite、D-Fuse Composite Seat Pillar
フォーク:Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive Column
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、11-32T(11s)
ホイール:GIANT P-R2 Disc 28H(リム)+FORMULA Cartridge Bearing(ハブ)
重量:8.65kg(410サイズ完成車)

ディスクブレーキ専用に設計されたカーボンフォークは、ハードブレーキングに耐え、快適性も高いという優れものディスクブレーキ専用に設計されたカーボンフォークは、ハードブレーキングに耐え、快適性も高いという優れもの
ダイヤ柄がデザインアクセント。ジャイアントの名はダウンチューブに1カ所小さく入るのみダイヤ柄がデザインアクセント。ジャイアントの名はダウンチューブに1カ所小さく入るのみ
ノーマル径のシートポストをセットし、フレーム側はピン1本で固定。上部には汚れを避け、エアロ効果もありそうな見た目も良いカバーが付くノーマル径のシートポストをセットし、フレーム側はピン1本で固定。上部には汚れを避け、エアロ効果もありそうな見た目も良いカバーが付く

インプレッション BY 齋藤むつみ・柄沢亜希

齋藤むつみ クルマ業界に就職するも、自転車が好きすぎて自転車雑誌の編集部員へと転身。現在は自転車専門誌やトライアスロン専門誌などで執筆する、自転車歴は15年に近づいたライター・編集者。身長156cm齋藤むつみ クルマ業界に就職するも、自転車が好きすぎて自転車雑誌の編集部員へと転身。現在は自転車専門誌やトライアスロン専門誌などで執筆する、自転車歴は15年に近づいたライター・編集者。身長156cm

柄沢 女性モデルにありがちな、男性用モデルの小型版という感じが全くなく、女性に適した一台という印象でした。

齋藤 まさに、同感です。抜群の安定感と優しい乗り心地が良かったです。単に優しいだけでなく、速く走りたいときにもしっかりと応えてくれるところが頼りになるなと思いました。え、この価格でこんなに良いの?というのが正直な感想です。

柄沢 105の操作性も良いし、硬さがでしゃばり過ぎず負荷を感じないので、全体がすごくまとまっていて乗りやすかったですね。

齋藤 快適性が高いのに、ロスなく前に進んでいる踏み味が好きです。乗ってすぐの印象は、「あ、これなら今からでも100km走りに行きたいな」と。

柄沢 そうそう、走り始めてすぐに気に入ってましたよね! 私もスムーズな走りが良いなと思いました。とくに、普段はできるだけ上りを避けて、平地でスピードを出して走りたいタイプなんですが、初めて、このバイクでは上りで加速したくなりました。

齋藤 そうですね。それに安定感が高くてもベタっとしていないから軽快に振って走れるし、長い下りも良さそうな印象を受けました。

柄沢亜希 Cyclist編集部の記者。海外現地発信記事、インタビュー記事のほか、おいしく楽しいライド取材が得意。仕事で欧州へ赴く際には、在住経験のあるドイツへ愛車のロードバイクを連れてこっそり訪れる機会をうかがう日々。身長159cm柄沢亜希 Cyclist編集部の記者。海外現地発信記事、インタビュー記事のほか、おいしく楽しいライド取材が得意。仕事で欧州へ赴く際には、在住経験のあるドイツへ愛車のロードバイクを連れてこっそり訪れる機会をうかがう日々。身長159cm

柄沢 高速巡航や、うねる下り道に「恐怖感」を抱く女性も多いと思います。それって、女性がロードバイクで走る時の、日焼けに次ぐ“最大級の敵”かもしれません。でもこのバイクは、その恐怖感を抱かなくて済むようしっかりサポートし、克服させてくれるバイク。安定感抜群で、ハンドリングも安心できました。

齋藤 ウィークポイントは特にないのですが、ディスクブレーキ仕様なので、イベント参加やサイクリング専用というところでしょうか(ハイレベルのレースではディスクブレーキが認められていない)。サイクリングロードで仲間と休日を楽しむなら、このバイクはお勧めです。パッケージとしてはもう一つ上のモデルがあるし、フレームも直系の上位機種があるので、そこは財布と相談で。でもこの105仕様のパッケージは魅力的です。

柄沢 ええ、存分に楽しめると思います。視覚的にも女性好みで、なおかつ甘すぎないデザインが好印象です。かわいいディティールが全体の印象を柔らかくしていますね。ジャイアントの女性モデルに対する意気込みが感じられる一台でした。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクジャイアント(GIANT)のロードバイクリブ(Liv)のロードバイク

15~20万円 ジャイアント バイクインプレッション リブ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載