新製品情報ピナレロの最新ロード「ドグマ K8-S」がフランドルでデビュー 軽量リアサスシステムを搭載

  • 一覧

 ピナレロはジャガーと共同開発した石畳コース向けロードバイク「DOGMA(ドグマ) K8-S」を、4月5日にベルギーで行われるクラシックレース「ツール・デ・フランドル」で初投入する。悪路の振動吸収性が追求されたドグマ K8-Sには、今回参戦する「チーム スカイ」(イギリス)の全8選手が乗り、レースに挑む。現時点で発売時期・価格は未定。

ピナレロ「DOGMA K8-S」ピナレロ「DOGMA K8-S」

重量わずか95gのサスペンション・システム

 ドグマ K8-Sは、昨年発表されたフラッグシップロード「ドグマ F8」のフロント・トライアングルを継承しつつ、軽量サスペンション「DSS1.0 ドグマ サスペンション・システム」とフレキシブル・フラットカーボン・ステー「FLEXSTAYS」を搭載してリア・トライアングルを刷新。重量わずか95gのサスペンション・システムは、石畳のレースを疾走するためだけでなく、体重が100kgを超える大型ライダーにも対応し快適性を保つ。またFLEXSTAYSは、カーボン素材が持つ柔軟性を生かし、可動ピボットを持たずに振動吸収性向上を実現した。

カーボン素材の柔軟性を生かしチェーンステー「FLEXSTAYS」カーボン素材の柔軟性を生かしチェーンステー「FLEXSTAYS」
「DSS1.0 ドグマ サスペンション・システム」は95gと軽量「DSS1.0 ドグマ サスペンション・システム」は95gと軽量

ウィギンスも高評価 「石畳での勝負を変える」

 4月12日に開催される「パリ~ルーベ」でロードレースのトップシーンから退く、元ツール・ド・フランス王者のサー・ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、チーム スカイ)は、今年3月に同レースのラスト130kmの石畳区間を、ドグマ K8-Sを使いテスト走行した。テストでは旧モデルのドグマ Kフレームとの比較も行われた。

ウィギンスをはじめとしたチーム スカイの選手らが「DOGMA K8-S」で「ツール・デ・フランドル」に参戦するウィギンスをはじめとしたチーム スカイの選手らが「DOGMA K8-S」で「ツール・デ・フランドル」に参戦する

 ウィギンスは、「ドグマ K8-Sは(2014年に発表された)F8と同じように素晴らしいルックスを持つが、特に石畳の上で乗った瞬間からすぐさま違いに気がつく。得られる感触、エアロダイナミクス、強固さ、そしてリアの柔軟性向上は、サイクリングにおけるゲーム・チェンジング(勝負を変えるもの)だ」と評価している。

 ライダーが路面から受ける衝撃を和らげ、疲労を軽減させるためのフレームを創り上げることを最優先課題として研究・開発されたドグマ K8-S。ピナレロでは、「悪路でのパフォーマンスを4.5%向上、ライダーの快適性を50%改善させるのが狙いだった」とコメントしてる。


「DOGMA K8-S」(フレームセット)
 素材: T1100-1K CARBON Nanoalloy ™ Torayca®
 フロントフォーク: ONDA ™ F8 Carbon T1100-1K Nanoalloy ™ Torayca®
 ボトムブラケット: スレッド・イタリアン
 対応コンポ: THNIK2・電動/ メカニカル
 フレーム重量: 990g(サスペンション付き、塗装前サイズ53)
 カラー: 672/チームスカイ、691/カーボンイエローフルオ、689/カーボンレッド、693/BOB
 サイズ: 44, 46.5, 50, 51.5, 53, 54, 55, 56, 57.5, 59.5(C-C)
 希望小売価格: 未定
※UCI approved of Road

関連記事

この記事のタグ

ピナレロ(PINARELLO)のロードバイク

ピナレロ ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載