スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2015「MERIDA REACTO 400」 スムーズな加速と扱いやすさが魅力のアルミ製エアロロード

  • 一覧

 ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)ともに世界のレースシーンで活躍するメリダのバイク。日本国内でも、ロードレースJプロツアーの宇都宮ブリッツェンや、MTBのミヤタ・メリダ バイキングチームがメリダに乗って好成績を挙げてきた。今回試乗するのは、高い空力性能と快適性を両立させたバイクとして名高い「リアクト」シリーズに2015モデルとして追加されたアルミフレームモデル。メーンコンポーネントにシマノ・105を装備し、ダイナミックな走りが期待できる1台だ。

MERIDA REACTO 400(メリダ リアクト 400)MERIDA REACTO 400(メリダ リアクト 400)

MERIDA REACTO 400(メリダ リアクト 400)
価格:167,900円(完成車、税抜)
サイズ:47、50、52、54
カラー:レッド/ホワイト(ブラック)、ブラック/ホワイト(プロセスブルー)
問い合わせ先:ミヤタサイクル http://www.merida.jp

スペック

フレーム:Reacto Aero
フォーク:Reacto Carbon Race
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:FSA・ゴッサマ 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:メリダ・エアロ30
重量:9.4kg(52cmサイズ完成車実測)

カーボン製のストレートフォークがハンドリングの良さと確実なブレーキングを支え、快適性にも貢献カーボン製のストレートフォークがハンドリングの良さと確実なブレーキングを支え、快適性にも貢献
アルミ製ながらエアロダイナミクスに優れた断面形状に仕上げられたシートチューブとシートポストアルミ製ながらエアロダイナミクスに優れた断面形状に仕上げられたシートチューブとシートポスト
上位モデル譲りとはいえ、アルミバイクでチェーンステー下にブレーキを配置するのは珍しい上位モデル譲りとはいえ、アルミバイクでチェーンステー下にブレーキを配置するのは珍しい

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

松尾 16万円台という価格帯でこういうエアロ形状のバイクが出てきたんですね。最初はフレーム販売の価格かと思いました。105を装備してこの価格なら、かなり競争力があるでしょう。

米山 ホントだね。価格と、まず見た目のインパクトがすごい。カーボン製のリアクトの造形をアルミで再現したニューモデルだけに、ボリュームがあって、いかつい。フレームを間近で見ると、それぞれのパーツを溶接した跡が重量感を醸し出している。実際に重量は、いわゆる高級モデルに比べるとけっこう重い。

松尾 接合部分の溶接跡が目立つのは、目をつぶりたいところ。あとはシートポストの留め具が独特。シートポストの上げ下げが少し硬いので、ちょっと苦労します。でも、乗ってみるとこの価格帯の中では圧倒的に良く走り、好印象でした。スピードが気持よく伸びるし、フレーム形状のエアロが効いていて巡航もラクです。アルミ製ですが想像するほど硬すぎず、適度なウィップも感じ、それが伸びにつながっている感じです。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 うん、見た目よりも剛性は高く感じず、ちょうど良い。安定感もスタンダードなレベルにあり、乗っていて扱いやすい印象を受けた。重量は軽くはないけれど、意外なほどスムーズに加速していく。そこは驚いたよ。

松尾 そうですね! 低速から高速まで加速は得意です。

米山 快適性はアルミフレームとして一般的な範囲に収まっている。上りの性能はダンシングで振っても結構走りやすいし、シッティングでペースを刻むのにも良い印象だった。ロングライドでも快適に走れるんじゃないかな。

松尾 ええ、驚くほど上りが良かったです。

米山 戦闘的な見た目に反して乗りやすいのがいいね。もちろん、ロードレースを走ってもライダーの期待に応えてくれるはず。

松尾 クランクやホイールなどでコストダウンしているにも関わらず、これほど良く走るバイクはなかなかないので、ビギナーも安心して乗れます。ある程度走れるようになっても、パーツを替えつつ中級者くらいまでは十分な性能だと思います。上りも良いのでオススメです!

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクメリダ(MERIDA)のロードバイク

15~20万円 バイクインプレッション メリダ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載