石橋学は総合106位で完走NIPPOのコッリとクネゴが今季初の表彰台 イタリアの名門レース「コッピ・エ・バルタリ」

  • 一覧

 UCIプロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ」が、3月26日から4日間イタリアで開催された「コッピ・エ・バルタリ(ヨーロッパツアー2.1)」に出場した。3月28日の第3ステージでダニエーレ・コッリ(イタリア)がステージ3位、クイーンステージ(最難関ステージ)の第4ステージではキャプテンのダミアーノ・クネゴ(イタリア)が2位でゴールする活躍をみせた。
(レポート チームNIPPO)

第3ステージで3位に入賞したダニエーレ・コッリ(右) <NIPPO提供>第3ステージで3位に入賞したダニエーレ・コッリ(右) <NIPPO提供>

 第3ステージは集団ゴールスプリントとなり、チームの中堅スプリンターであるコッリがスプリントに挑み、3位でゴール。優勝したのは、フランチェスコ・キッキ(イタリア、アンドローニジョカットリ)。コッリはプロ選手となってから、膝にできた腫瘍を克服した経緯をもつ選手で、今季はクールネ~ブリュッセル~クールネで世界のトップスプリンターと並んで5位に入るなど、好調なシーズンを送っている。

 コッリはこの日、「自分にとってもチームにとっても喜ばしい結果で、満足しているが、これはまだチームにとって出発点にすぎない。明日からのレースで、さらに良い結果をめざしていきたい」とコメントした。

キャプテンのクネゴが2位 石橋もトラブル乗り越え完走

 最終日となる第4ステージは、厳しい3つのカテゴリー山岳を含むコース。レースは序盤から早いペースで進行し、終盤には優勝争いが15人ほどの有力選手たちに絞られた。最後の登坂区間で、ルイス・メンテス(南アフリカ、MTNキュベカ)が単独で抜け出し、そのまま優勝。同時に総合優勝も勝ち取った。クネゴも果敢に攻め、メンテスに次いで2位でゴール。キャプテンの表彰台にチームが沸いた。

 クネゴはレース後、「表彰台に上がることができて素晴らしい気分。とくに今回は新しいチームで、このような成績を出せたことを嬉しく思っている。勝てなかったという意味では、悔しさが残るのは事実だが、この厳しいレースで勝利した若いメンテス選手を祝したい」とコメント。チームの仕上がり具合についても前向きで、「今回の2位、また2日連続でチームが表彰台を獲得できたことは、とてもいいサインだと思っている。ベストを尽くしてくれたチームメートや監督に感謝をしている。そして次は勝利を得たい」と語った。

コッピエバルタリに参戦した8人のチームメンバー。石橋学は左から2番目 <NIPPO提供>コッピエバルタリに参戦した8人のチームメンバー。石橋学は左から2番目 <NIPPO提供>

 チームの日本人選手として唯一参戦していた石橋学は、第3ステージのゴール前で落車に巻き込まれてしまったものの、大きなケガはなく、無事に最終ステージを総合105位で走り終えた。石橋は次のようにコメントしている。

 「今大会はとてもハードなレースで、雨の第2ステージは寒さとの戦いだった。コッリの第3ステージ3位やクネゴの第4ステージ2位はチームの作戦どおりのもの。 勝利こそなかったが、チームがうまく機能していると感じた。次のレースはアムステルゴールドレース。また、そこからハードなレースが続くので、それまでは体調を整えて、しっかり乗り込んでいこうと思っている」

 チームの次戦はベルギーで3月31日から開催される、石畳などを含むステージレース「デパンネ3日間(UCIヨーロッパツアー2.HC)」で、日本人選手は山本元喜と黒枝士揮が出場予定。その後、4月8日には「シュヘルデプライス(ベルギー/ヨーロッパツアー1.HC)」、4月19日アムステルゴールドレース(オランダ/ワールドツアー)」などビッグレースが続く。


●デパンネ3日間の出場メンバー
山本 元喜
黒枝 士揮
エドワード・グロス
マッティア・ポッツォ
アレッサンドロ・マラグーティ
ニコラス・マリーニ
リカルド・スタッキオッティ
アントニオ・ヴィオラ

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載