世界の数々のデザイン賞を受賞オランダ発のカラフルなチャイルドシート「イエップ」 ソフトな素材で子供を包み込む

  • 一覧

 オランダの自転車用チャイルドシートブランド「Yepp(イエップ)」が3月25日、オランダ大使館で国内の販売店やメディアを対象にした製品・ブランドの説明会を行った。会場では、イエップを代表する製品や新製品が並ぶとともに、同ブランドを手がける「GMG」CEOのミシェル・クレッチンさん(Michel Krechting)がブランドにかける想いを語った。

「イエップ ミニ」を持つGMGのミシェル・クレッチンCEO(右)とスヴェン・ウイレムス販売部長=オランダ大使館、3月25日「イエップ ミニ」を持つGMGのミシェル・クレッチンCEO(右)とスヴェン・ウイレムス販売部長=オランダ大使館、3月25日

カラフルで子供が快適なシート

前方設置型の「イエップ ミニ」前方設置型の「イエップ ミニ」

 日本国内で展開する同社チャイルドシートは、前方設置型の「イエップ ミニ」と後方設置型でフレーム取り付けタイプの「イエップ マキシ」(在庫分のみ)、キャリア取り付けタイプの「イエップ マキシ イージーフィット」。ソフトな質感と最大13色の豊富なカラーラインナップが特徴だ。発売以来、レッド・ドット・デザイン賞(ドイツ)をはじめとする数々のデザイン賞を受賞している。

イエップについて説明するGMGのミシェル・クレッチンCEOイエップについて説明するGMGのミシェル・クレッチンCEO

 座面やショルダーパッドの素材は合成樹脂。子供にやさしい質感なだけでなく、イエップ ミニで本体重量が3.05kgと軽量で、雨など水に強く掃除しやすい。「それに、鋭利なものでひっかいても傷つきにくいんですよ」と説明するクレッチンCEO。デザインは、クロックスのサンダルに着想を得たという。

 自転車への付け外しはワンタッチ。外した際にベビーチェアにすることができるアクセサリー「Upp(ユーピーピー)」も別売りされている。また、イエップ ミニに座った子供を風から守る「ウィンドスクリーン」、ヘッドレスト「スリーピング ローア」といったグッズも展開している。

「イエップ ミニ」の背面「イエップ ミニ」の背面
後方設置型でキャリア取り付けタイプの「イエップ マキシ イージーフィット」後方設置型でキャリア取り付けタイプの「イエップ マキシ イージーフィット」


「Yepp Mini(イエップ ミニ)」前乗せ
 カラー: ライム 、オレンジ、ピンク、ブラウン、ブルー、シルバー、ブラック、ホワイト、イエロー、パープル、オーシャン、グリーン、ネイビー
 耐荷重: 体重15kg
 シート座面幅: 260mm
 シート座面奥行: 180mm
 シート重量: 3.05kg
 ホルダー重量: 0.4kg
 取付可能ステム径: 21-28mm スレッドステム
 税抜価格: 21,000円
 
「Yepp Maxi Easyfit(イエップ マキシ イージーフィット)」後乗せ・キャリア取付タイプ
 カラー: ライム 、オレンジ、ピンク、ブラウン、ブルー、シルバー、ブラック、ホワイト、イエロー、パープル、オーシャン、グリーン、ネイビー
 シート座面幅: 300mm
 シート座面奥行: 195mm
 シート重量: 4.7kg
 ホルダー重量: 1.1kg
 取付可能キャリア(荷台): クラス25規格以上、横幅12cm-17.5cmに対応
 税抜価格: 25,0000円

徹底したデザイン戦略

イエップ説明会会場の様子イエップ説明会会場の様子

 日本に数回来日したことがあるというクレッチンCEOに子供乗せ自転車の印象を尋ねると、「これだけ生活水準が高い日本で、優れたデザインのチャイルドシートを見かけることがないのには驚いた」と初来日時を振り返った。

 クレッチンCEOはもともとデザイナーで、2008年に同社のデザイン改革に着手。展示会やカタログ、広告といったデザイン戦略を重視した社の方針を貫いている。「製品の一部」と位置づける取扱説明書は、取り付け方法を分かりやすく解説したアニメーションを公開している。

会場にはイエップのチャイルドシートが取り付けられた自転車が並んだ会場にはイエップのチャイルドシートが取り付けられた自転車が並んだ

 クレッチンCEOは子供向け製品を中心に扱う同社のラインアップについて、「これまで培ったノウハウがあることに加えて、世界中にいる子供たちとその子たちを最も大切な存在と思う親がそこにいるからこそやりがいがある」とコメント。「ただし、常に業界をリードしていくためには新しいことにも挑戦しなければならない。今回新しく展開する製品みたいにね」

 新製品となる「イエップ カーゴ」は、自転車が過密するオランダの駐輪場で少しでも省スペース化を図ろうと生み出された折りたたみ式のカゴ(国内は今夏販売予定)。さらに子供をけん引する「トレーラー」も新規に投入する(国内販売時期は未定)。

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載