2020年に売上高150億円を目指す立ち踏み式三輪自転車の貸し出しも検討 NTTドコモが「モビリティシェア構想」発表

  • 一覧
モビリティシェア構想を発表するドコモの中山俊樹常務執行役員(右から2番目)、片山工業の片山昌之社長(右端)ら =3月25日、東京都千代田区モビリティシェア構想を発表するドコモの中山俊樹常務執行役員(右から2番目)、片山工業の片山昌之社長(右端)ら =3月25日、東京都千代田区

 NTTドコモは3月25日、全国6自治体で行っている自転車の共有サービス(シェアサイクル)を発展させ、次世代型の電動車いすや三輪自転車などを貸し出す「モビリティシェア構想」を発表した。高齢化社会や環境配慮型のまちづくりにマッチした移動手段として、自治体や商業施設などに導入を広げる。メーカー3社と提携し、5年後の2020年には売上高150億円規模を目指す。

ペダルを踏んで“歩くように走る” 新コンセプトの「ウォーキングバイシクル」 (2014年4月30日、平澤尚威撮影)ペダルを踏んで“歩くように走る” 新コンセプトの「ウォーキングバイシクル」(2014年4月撮影)

 構想の一環として、4月から東京都中央区の晴海エリアで実証実験を開始。立ち踏み式の電動三輪自転車「ウォーキングバイシクル」(片山工業製)と、高齢者などの歩行を支援する電動手押し車「ロボットアシストウォーカー」(RT.ワークス製)のシェアリング事業に向けた課題などを検証する。

→「ウォーキングバイシクル」ショールームオープン(2014年9月5日掲載)

 また、砂利道などの悪路も走れる電動車いすを開発したベンチャー、WHILL(ウィル、横浜市)と協業し、1台を月額3万9000円で貸し出す事業者向けビジネスを始める。

SankeiBizより)

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載