2シーズン目を迎えパワーアップMTB「ダウンヒルシリーズ」2015年は全10戦へ 富士見パノラマを追加、四国開催も計画

  • 一覧
2014年のダウンヒルシリーズ年間チャンピオンの清水一輝。菖蒲谷森林公園などで2勝を挙げた(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)2014年のダウンヒルシリーズ年間チャンピオンの清水一輝。菖蒲谷森林公園などで2勝を挙げた(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)

 西日本を中心に展開されるマウンテンバイク(MTB)ダウンヒルのシリーズ戦「DOWNHILL SERIES POWERD by SRAM」(ダウンヒルシリーズ パワード バイ スラム)の2015年のスケジュールが発表された。2年目を迎える今シーズンは、昨年の6会場で継続が決まったほか、さらに4つの新会場が加わる方向となり、全10戦にパワーアップして開催される。

7月に岐阜、9月に長野で新大会

 新会場としては、長野県の富士見パノラマスキー場で9月26、27日に開催されることが決まった。富士見パノラマは、シリーズ戦のうち最も東で開催される会場となる。また岐阜県内の新会場(未公表)でも7月25、26日に開催するよう調整が進められている。このほか、四国と九州で開催が計画されているという。日程はまだ暫定スケジュールで、変更される可能性もある。

マッドなSRAM PARKで優勝を飾った井本はじめ(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)マッドなSRAM PARKで優勝を飾った井本はじめ(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)
6戦で5勝を挙げ女子の年間チャンピオンになった末政実緒(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)6戦で5勝を挙げ女子の年間チャンピオンになった末政実緒(写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa)

開催日程 全10戦(予定)

5月9日-10日 十種ヶ峰 WOODPARK (山口県)
6月27日-28日 SRAM PARK (愛知県)
7月25日-26日 岐阜県某所 
8月15日-16日 福井和泉 MTB PARK(福井県)
9月19日−20日 MIZUHO MTB PARK(島根県)
9月26日-27日 富士見パノラマスキー場(長野県)
11月21日-22日 吉無田高原 DH コース(熊本県)
12月19日-20日 菖蒲谷森林公園・特設コース (兵庫県)

※上記会場に加え、四国と九州での開催を計画中

Jシリーズの「実力別クラス分け」を継承

 昨年までトップカテゴリーのMTBシリーズ戦として開催されてきたジャパンシリーズ(Jシリーズ)のシステムを継承し、年齢別ではなく実力別のクラス分けでレースが行われる。昨年のJシリーズでエリートクラスだったライダーは、今年もダウンヒルシリーズでエリートクラスにエントリーできる。昇格する予定だったライダーは、昇格を反映したクラスで出場できる。

 Jシリーズに替わって今年から日本自転車競技連盟(JCF)が開催するMTBシリーズ戦「クップ ドュ ジャポン」は、国際自転車競技連合(UCI)の規定に合わせた年齢別カテゴリーで争われるため、昨年までのクラスは反映されない。ダウンヒルシリーズでは、実力別クラス分けだからこその楽しみ方ができそうだ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒル ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載