バイクインプレッション2015「GIANT ESCAPE R3」 軽さと快適性に磨きがかかったクロスバイクのベストセラー

  • 一覧

 スポーツサイクルの巨大ブランド、ジャイアントの「エスケープR」は、日本のクロスバイクジャンルで常にベストセラーを誇ってきた。今年、待望のフルモデルチェンジを果たし、さらに軽さと快適性に磨きがかかったという。自宅近辺で通勤・通学などに利用するだけでなく、休日にはサイクリングを楽しめる1台に仕上がっており、さらに価格もお手頃。このジャンルではあらゆるモデルのライバルになり得る、完成度の高いバイクだ。

GIANT ESCAPE R3(ジャイアント エスケープR3)GIANT ESCAPE R3(ジャイアント エスケープR3)

GIANT ESCAPE R3(ジャイアント エスケープR3)
価格:52,000円(完成車、税抜)
サイズ:370(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)
カラー:ネオンイエロー、ブルートーン、ホワイト、ブラックトーン、キャンディレッド
問い合わせ先:ジャイアント http://www.giant.co.jp/

スペック

フレーム:ALUXX-Grade Aluminum
フォーク:Cr-mo
変速機:シマノ・M191/ALTUS(F)&(R)
ギヤ:PROWHEEL SWIFT 28×38×48T、11-32T(8s)
ホイール:GIANT SPINFORCE LITE
重量:10.6kg(500mmサイズ完成車実測)

ゆるいカーブがかかったフロントフォークはクロモリ製。カスタマイズが広がるダボ穴を備える。前後ともにVブレーキを採用ゆるいカーブがかかったフロントフォークはクロモリ製。カスタマイズが広がるダボ穴を備える。前後ともにVブレーキを採用
操作性の良いシマノのEF51シフターはブレーキレバーも一体型。ギヤはフロントが3段、リヤが8段だ操作性の良いシマノのEF51シフターはブレーキレバーも一体型。ギヤはフロントが3段、リヤが8段だ
軽量に仕上げられたアルミフレームだが、リアもキャリヤの取付などに対応できるダボ穴を標準装備する軽量に仕上げられたアルミフレームだが、リアもキャリヤの取付などに対応できるダボ穴を標準装備する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

松尾 エスケープは色もいいし、価格も魅力的。ボクがクロスバイクを買うならこれを選ぶなぁ、という1台でした。持ち上げると軽いし、偏りを感じないので、乗る前から走りそうな印象を受けましたよ。

米山 これまで日本だけでも相当な台数が売れている、クロスバイクの大ヒットモデルだ。エスケープR3としてパッケージは1つだけど、逆にこれが最高という自信さえうかがえる。

松尾 乗ってみた印象は、1つのサイズに対して適応身長が広く、それでもバランスが崩れないのが良いなと。許容範囲が広く、取り回しは驚くほどラクでした。特にハンドリングが良く、最小回転半径は小さいのに、コーナー中の安定感がとても高く、不安に思うことはありませんでした。

米山 うん、ハンドリングはクイックすぎることもなく鈍すぎることもなく、扱いやすくてちょうどいい。全ての面でバランスが良く、もはや熟成されている感がある。車体がスムーズに加速していく感じも良かった。上りでもフィーリングがいいので、長い上りもワイドなギア比を使って苦労なく快適に走れそう。

松尾 変速装置はそれほど高価なものを採用しているわけではないですが、調整さえしっかりできていれば不満はない。シマノのシフターも使いやすかったです。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 あとは、タイヤやサドル、フレームが路面からのショックをよく吸収している。コンフォートなポジションに合わせた、少し柔らかいサドルもちょうど良かった。

松尾 街中の段差や路面のギャップにも大きく気を取られることなく乗れるのでいいですね。また、フレームとタイヤのクリアランスが広い。標準装備のタイヤは28Cですが、悪路を多く走る人は太めのタイヤ、シティユースなら細めのタイヤと、使い方に合わせて選び、乗りこなせると思います。

米山 クロスバイクとして性能面は成熟しているし、コストパフォーマンスも高い。正直、文句なしの1台。あえて言うなら、売れすぎているバイクなので、ただ買っただけではバイクで個性を演出するのが難しいかなというところ。

松尾 クロスバイクに求められる性能をすべて詰め込んだバイクだから、購入者も多い。人気車種ならかぶるのは必然。カスタマイズやチューンナップも楽しんでもらうといいでしょうね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

5~10万円 クロスバイク ジャイアント バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載