【Teamユキヤ通信】ショレ=ペイ・ド・ロワール新城幸也は“地元”のレースで6位入賞、UCIポイント獲得 「パフォーマンス出せた」

  • 一覧

 ティレーノ~アドリアティコを終え、フランスに戻った新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は3月22日、「ショレ=ペイ・ド・ロワール(UCI1.1)」に出場。途中小集団の逃げに乗る積極的な走りをみせて6位入賞、UCIポイントを16点獲得した。

アタックに反応し、逃げを形成する瞬間の新城(Photo: Miwa IIJIMA)アタックに反応し、逃げを形成する瞬間の新城(Photo: Miwa IIJIMA)

 チーム ヨーロッパカーの拠点であり、新城のフランスでの自宅からほど近いショレと言う都市で開催されたこのレース。コースの地形も知り尽くした新城にとっては“地元”のレースと言える。

スタート前に萩原麻由子選手のチームバスを訪れた新城(Photo: Miwa IIJIMA)スタート前に萩原麻由子選手のチームバスを訪れた新城(Photo: Miwa IIJIMA)

 ヨーロッパでは珍しく男女が同日開催されたこのレースには、ウィグル・ホンダ(イギリス)に所属するロード女子の現日本チャンピオン、萩原麻由子選手も元気な姿をみせ、フランスのレースで日本を代表する2選手の2ショットが実現した。

 コースはぶどう畑と丘陵地帯を縫うように設けられ、上りと下りを繰り返す208km。10カ所の細かな山岳ポイントが設けられた。朝から気温が上がらず、日中も10℃を下回り冷たい北風が吹きつける中でのレースとなった。

 46km地点で40人の選手が先行し、メーン集団と大きく2つに分かれる展開でレースは動き出した。この40人の中にヨーロッパカーは、新城をはじめチームのエースであるトマ・ヴォクレール(フランス)ら、4選手を送り込むことに成功した。

 中間地点の103kmに設けられた第4山岳ポイントでは、前方の集団からアタックした選手に反応した新城ら7選手が先頭集団を形成する。

 残り72km地点、7人の逃げは吸収されかけたが、セドリック・ピノー(フランス、エフデジ)がただ一人粘り続ける。ここに後続の集団からヴォクレールと、ピエリック・フェドリゴ(フランス、ブルターニュ・セシェ アンヴィロヌマン)という、ともに元フランスチャンピオンでツール区間優勝経験のある2選手が追いつき、3人の先頭集団が再びレースをリードする展開になった。

ぶどう畑の中を逃げる新城を含む7人の先頭集団(Photo: Miwa IIJIMA)ぶどう畑の中を逃げる新城を含む7人の先頭集団(Photo: Miwa IIJIMA)

 ゴールまで残り25kmを切ったところでフェドリゴがアタック。ヴォクレールらを置き去りにし、向かい風のなかで独走を続け、そのままゴールまで逃げ切って優勝した。

 新城は後続からフェドリゴ追走の動きに乗り、残り10kmで飛び出したものの、追いつかずに6位でゴールした。

 「このきついコースでこれだけのパフォーマンスを出せたのは良かった。ティレーノでしっかり追い込めていたからだと思う。優勝したフェドリゴには遠かったが、2~4位争いには絡めていたかもしれないので残念。地元のレースで本当に大きな声援が嬉しかった。(翌週の)クリテリウム・インターナショナルも良いコンディションで臨めそうだし、結果を出したい」

 新城は今後、3月26日のクラシック・コルシカ(UCI 1.1)、28日~29日のクリテリウム・インターナショナル(UCI 2.HC)に出場する予定だ。

(レポート 飯島美和)

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載