ビギナー女子がポタリング<2>湘南の楽しさを自分の足で再発見 折り畳み自転車「ダホン」で鎌倉~江ノ島巡り

  • 一覧

 さまざまなデザイン・カラーの車種が揃うフォールディングバイク(折りたたみ自転車)のブランド「DAHON(ダホン)インターナショナル」。前回、東京の下町でポタリングに初挑戦したモデルのめぐりさんと中野和子さんが、今度は神奈川県の鎌倉周辺をダホンで巡りました。電車での輪行が手軽にできるダホンを活用したポタリングを、めぐりさんによるレポートでお届けします。

ダホンの「マリナー D7」と「ボードウォークD8」で鎌倉~江ノ島サイクリングへ。気軽で簡単に輪行できるフォールディングバイクならではのポタリングを堪能ダホンの「マリナー D7」と「ボードウォークD8」で鎌倉~江ノ島サイクリングへ。気軽で簡単に輪行できるフォールディングバイクならではのポタリングを堪能

<1>寄り道が楽しい下町巡り 「ダホン」で行く東京スカイツリー

◇         ◇

輪行で鎌倉に到着 気ままなポタリングの始まり

 3月中旬のよく晴れた日、私、めぐりとモデル仲間の和ちゃんが一緒に鎌倉周辺を走りました。まずは鎌倉駅で待ち合わせをして、ポタリングに出発する準備です。今回、私たちが乗るのはリアキャリア付きの「マリナー D7」と、マゼンタのボディが鮮やかな「ボードウォークD8」。平日にも関わらず鎌倉は人が多かったので、あまり人の通らないスペースで組み立てます。輪行に慣れてきたので、スムーズに組み立て完了です。

鎌倉駅に到着しためぐりさん(左)と中野和子さん鎌倉駅に到着しためぐりさん(左)と中野和子さん
鮮やかなマゼンタのボディがかわいい「ボードウォークD8」。さっと組み立てて、いざ鎌倉散策へ鮮やかなマゼンタのボディがかわいい「ボードウォークD8」。さっと組み立てて、いざ鎌倉散策へ
お目当てのクレープ屋を探す2人お目当てのクレープ屋を探す2人

 まず鎌倉駅から歩いてすぐの観光スポット、小町通りの散策です。観光客が多かったので、自転車は押して歩きました。小町通りには飲食店や雑貨店など“観光地らしい”いろんなお店があるんです。まだ自転車で走り出していない私たちですが、早々に小腹が空いてしまったのでまずは腹ごしらえから。

 和ちゃんは前回のポタリングで斜め掛けバックを反省点としていたので、今回は2人ともリュックです。服装は、天気が良くて暖かかったので、少し薄着のカジュアルな装いに決めました。

まずは小町通りを散策しますまずは小町通りを散策します
前回の反省を生かしてリュックを背負った中野和子さん前回の反省を生かしてリュックを背負った中野和子さん
「コクリコ」のクレープで腹ごしらえ「コクリコ」のクレープで腹ごしらえ

 私は鎌倉が好きでよく訪れているのですが、そのたびに「コクリコ」というクレープ屋さんが気になっていました。この日もお客さんの行列ができていましたが、私たちも並び、初めて食べることができました。私はクリームチーズブルーベリーで、和ちゃんは生クリームチョコバナナ。生地がパリッとしていて、とてもおいしかったです。お店の隣に立って食べられるスペースがあったので、そこでいただきました。

 小町通りを抜けると、そこはもう鶴岡八幡宮。自転車では境内に入れないということで、鳥居の下から今日の安全を祈願しました。

 そこからは少し自転車で走りながら、鎌倉彫資料館に立ち寄って鎌倉彫の美しさに驚いたり、和ちゃんの好きな「鎌倉紅谷」のクルミッ子というお菓子を買ったりして、鎌倉駅の周辺スポットを楽しみました。

鶴岡八幡宮の前で安全走行を誓いながら記念撮影。奥の方に本宮が見えます鶴岡八幡宮の前で安全走行を誓いながら記念撮影。奥の方に本宮が見えます
「鎌倉紅谷」のクルミッ子を試食する中野和子さん「鎌倉紅谷」のクルミッ子を試食する中野和子さん

とっさの思い付きで輪行 江ノ電も満喫

車窓から見える海に感動する中野さん車窓から見える海に感動する中野さん

 ダホンで鎌倉から江ノ島へ向かおうとしていた私たち。しかし「せっかくなら江ノ電に乗りたい!」と意見が一致して、鎌倉駅から七里ヶ浜駅まで輪行することにしました。こういう時に、簡単に輪行できるのはとっても便利ですね。風情ある江ノ電の車窓から海が見えてきた時には、思わずはしゃいでしまいました。江ノ電も楽しんだところで、七里ヶ浜駅からサイクリング再開です。

 この日は前回から一転してよく晴れたので、海がすごくきれいで、たくさんのサーファーがいました。なんだか春を通り過ぎて夏が来た感じ。富士山はくっきり見えているのですが、下の方にもやがかかっていて、なんだか幻想的でした。そんななかを走るのは本当に気持ちがよかったです。最高のポタリング日和でした!

湘南の海がきれいで、江ノ島や富士山もくっきりと見えました。2人とも思わずたくさん写真を撮りました湘南の海がきれいで、江ノ島や富士山もくっきりと見えました。2人とも思わずたくさん写真を撮りました

 海岸沿いの道路は幅が狭く、車道を走るのは怖かったため、歩道をゆっくりゆっくり進むことに。すれ違う方たちとは譲り合いの精神で走ることが大切ですね。

 江ノ島近辺の浜辺にたどり着くと、トンビがたくさん飛んでいました。鳥(特に猛禽類)が大好きな和ちゃんはトンビに夢中! 運転に気を付けてくださいね。あと、トンビは食べ物を狙って襲ってくるので危険です。子供連れの方は特にご注意を。

海沿いの道は徐行しながら、譲り合いの精神で走りました海沿いの道は徐行しながら、譲り合いの精神で走りました
江ノ島周辺ではたくさんのトンビが現れ、猛禽類好きという中野さんが大興奮江ノ島周辺ではたくさんのトンビが現れ、猛禽類好きという中野さんが大興奮
海鮮丼とネギマグロ丼に、満面の笑顔がこぼれます。いただきます!海鮮丼とネギマグロ丼に、満面の笑顔がこぼれます。いただきます!

 お昼を過ぎてお腹も空いてきたのでランチにしようと、江ノ島のしらすで有名なお店に向かいました。ところが大人気で、かなり待たないと入れなさそう。あきらめて他のお店を探し始めると、威勢のいいお兄さんが「すぐ入れるよ! 自転車止められるよ!」と声をかけてきました。その言葉に反応して、私たちは魚介・海鮮料理の「島童子」(しまわらし)を訪ねることに。自転車はお店の入口の辺りに止めさせていただきました。親切なお店です!

 私は特盛りの海鮮丼、和ちゃんはネギトロマグロ丼を頼みました。疲れた時のご飯は最高に幸せですね。思わず満面の笑顔がこぼれてしまいます!

特盛海鮮丼。ごはんが見えないほどお刺身がのってます特盛海鮮丼。ごはんが見えないほどお刺身がのってます
江ノ島を出発。ここからは長めに走ります江ノ島を出発。ここからは長めに走ります

自転車で観光地の違った魅力を発見

 江ノ島をゆっくり散歩するのはまた別の機会にして、いよいよダホンで本格的に走ります。江ノ島から境川沿いにサイクリングロードを通って藤沢に向かい、鎌倉駅の方へ戻ることに。初心者の私たちにとって、ちょっとした挑戦です。

 境川は、海に注ぐ河口に近いため川幅は広めで、河川敷の公園には大きな松があったり、河津桜が咲いていたりしました。気持ちのいいサイクリングロードをどんどん進み、時々現れる砂利道は迂回しました。

サイクリングロードで河津桜を発見。きれいな景色があると、走るのが楽しくなりますサイクリングロードで河津桜を発見。きれいな景色があると、走るのが楽しくなります
「大仏トンネル」を抜けると、そこはもう鎌倉大仏などがある長谷駅周辺。トンネル内は危険なので歩きました「大仏トンネル」を抜けると、そこはもう鎌倉大仏などがある長谷駅周辺。トンネル内は危険なので歩きました

 藤沢駅の手前で曲がり、鎌倉大仏などがある江ノ電・長谷駅の方面へ向かいます。ゆるやかな上り坂が続いていて、車の通りも多かったので、車道を走る時は慎重に走行しました。段差や砂利道などは、タイヤを取られやすいので要注意です。車が多いところでは砂埃が舞っていたので、マスクとサングラスを付けておけばよかったと思いました。これは今後の反省点ですね。

 長谷駅周辺に辿り着いて甘縄神明神社へ。自転車は鳥居のそばのスペースへ置かせていただき、階段を上っていくとお社がありました。ここではきちんとお参り。少し小さめですが、趣のある素敵な神社でした。知らない方も多いと思うので、行ってみてはいかがでしょうか?

甘縄神明神社は階段を上るとお社があります甘縄神明神社は階段を上るとお社があります
甘縄神明神社でお参り。趣がありました甘縄神明神社でお参り。趣がありました

 次に向かったのは「ジャックと豆の木」というパン屋さん。天然酵母で作られるパンが人気で、午前中には売り切れてしまうというお店です。そのため、私たちが着いた時にはすでにCloseになっていました。お目当てのパンを買えず残念でしたが、最後に「桃太郎」という和菓子屋さんへ寄ってお土産を買いました。和菓子って可愛いですよね。運動した後の甘いものは格別です。

最後は和菓子屋「桃太郎」へ。お土産を買います最後は和菓子屋「桃太郎」へ。お土産を買います
和菓子ってきれいで可愛い!和菓子ってきれいで可愛い!
旅をともにしたバイクに、感謝をこめながら折りたたみます旅をともにしたバイクに、感謝をこめながら折りたたみます

 そして鎌倉駅へ戻ってきてゴール。前回よりも長い距離を走ったので、足もお尻も痛くて駅に着いた時はヘトヘトでした。もっと体力をつけて、いっぱい走れるようになりたいものです。帰りに素早く自転車を折りたたんで電車に乗り込めるのは、疲れている時に本当に心強いです。

 自転車に乗っていると、クルマや電車、徒歩とはまた違う目線で楽しめますね。小回りも利いて、徒歩では遠いところでも平気ですから。新しい鎌倉、江ノ島を知ることができて本当に楽しかったです! また機会をつくって、ポタリングに挑戦しようと思います。

文 めぐり・写真 めぐり、平澤尚威(Cyclist編集部)

ダホンのバイクをバックに収納して、鎌倉駅から輪行で帰りますダホンのバイクをバックに収納して、鎌倉駅から輪行で帰ります

ダホン「Boardwalk D8」

 カラー: Pure White、Magenta
変速: 8段階
ホイールサイズ: 20インチ
適正身長: 140~190cm
重量: 12.2kg
標準小売価格: 53,800円(税抜)

→「Boardwalk D8」紹介ページ

 

ダホン「Mariner D7」

 カラー: Brushed Silver
変速: 7段階
ホイールサイズ: 20インチ
適正身長: 142~188cm
重量: 12.4kg
標準小売価格: 55,800円(税抜)

→「Mariner D7」紹介ページ

 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ダホン 輪行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載