4月施行、義務化は10月から兵庫県で自転車保険加入を義務付ける条例が成立 全国初、罰則はなし

  • 一覧

 兵庫県議会は3月18日の本会議で、自転車の使用者に自転車保険加入を義務付ける条例案を可決した。自転車保険加入を義務化する条例の成立は全国初。条例は4月1日から施行されるが、周知期間を設けているため、保険加入の義務化は10月1日から。

 自転車と歩行者の事故が増加する傾向にあり、多額の賠償が発生するケースがあることを受けた。未成年者が乗る場合は保護者に、仕事で使う自転車は企業に加入を求める。自転車の販売業者は購入者に保険加入の有無を確認し、未加入の場合は加入を促す。取り締まりが難しいため、罰則は設けない。

 県交通安全協会は、損害保険会社と連携し、年間千円の掛け金で最大5千万円の対人・対物補償が受けられるなど、3種類の新たな保険を発表している。

産経ニュースWESTより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載