産経新聞群馬県版【上州リポート】より前橋市が東京五輪のトラック競技誘致へ加速 「誘致係」新設、スポーツコミッション事業も

  • 一覧

 前橋市は、2020年の東京五輪・パラリンピックで、自転車競技(トラックレース)の誘致に向けた動きを本格化させている。2015年度に市スポーツ課に誘致係を新設し、前線組織として競技会場とキャンプ地誘致などを手がける。新規に、国際大会の視察など誘致係と連携して必要な情報収集などを行う「スポーツコミッション事業」も立ち上げ、誘致に向けた盤石の態勢を築く。 (産経新聞前橋支局 大橋拓史)

世界選手権を経験、ノウハウに自信

前橋市が進める東京五輪の自転車競技誘致で、会場となる可能性も残る「ヤマダグリーンドーム前橋」 =前橋市(大橋拓史撮影)前橋市が進める東京五輪の自転車競技誘致で、会場となる可能性も残る「ヤマダグリーンドーム前橋」 =前橋市(大橋拓史撮影)

 前橋市の山本龍市長は1月、東京五輪の大会組織委員会(森喜朗会長)に対し、前橋市内で自転車競技が開催できるよう要望書を提出している。

 同市には前橋競輪が行われる「ヤマダグリーンドーム前橋」があり、1990年には自転車競技の世界選手権が開催された実績もあることから、山本市長は「前橋には運営のノウハウがある」と自信をのぞかせる。

 東京五輪の自転車競技トラックレース会場は当初、都内に仮設の競技場を建設する計画だったが、舛添要一知事が昨年、コストがかかりすぎるとして五輪閉幕後に撤去する仮設競技場の建設計画見直しを表明した。

 一方、グリーンドームの場合、既存のコースの内側に仮設コースを作るだけで国際規格を満たせるため、「一から競技場を建設するよりもコストはかなり抑えられる」(前橋市スポーツ課)という。

誘致活動を本格化、新規事業にも期待

 このため、前橋市は2015年度から同課に「スポーツ誘致係」を新設。開催地の決定に影響力を持つ大会組織委員会へのロビー活動や、キャンプ地に関する海外競技団体からの問い合わせ窓口となる国内の競技団体へ、キャンプ候補地として前橋をPRするといった誘致活動を本格化させる。

 また、同市は「スポーツコミッション事業」も立ち上げる。

 スポーツコミッションは、自治体内のスポーツ施設に関する情報提供や宿泊、交通、イベント運営に関わる業者の紹介などを行い、スポーツイベントを招致することで地域活性化の役割を担う。

 五輪の誘致に関しては、誘致係と連携し、海外で行われる大規模な大会などに職員を派遣して現地の視察や情報収集を行うなど「誘致係の側面支援」(同課)を行う。

 スポーツコミッションはさいたま市が2011年に初めて設立し、新潟市や関西経済同友会が主導した「スポーツコミッション関西」など、全国的にも設立の動きが増えている。さいたま市のスポーツコミッション事業は世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した国際大会の招致に成功した実績がある。

課題は100kmの壁

 ただ、課題もある。東京五輪では、東京都中央区晴海に建設予定の選手村から前橋市までの距離が約100kmある。国際競技団体や組織委が、その点をどう評価するかが不透明なところだ。

 また、先月末には組織委の森会長が静岡県伊豆市を開催地の有力候補に挙げた。伊豆市にはすでに国際規格を満たしたコースがある。前橋市の競技会場誘致は厳しい状況にあるが、市スポーツ課は「(伊豆は)最終決定ではないので要望は続けていく」としている。

産経新聞・群馬版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載