【Teamユキヤ通信】ティレーノ~アドリアティコ第4ステージ大会最長226kmのステージで新城幸也は65位 「コンディションが上がってきている」

  • 一覧

 イタリアで開催中のティレーノ~アドリアティコ第4ステージが3月14日に行われ、チーム ヨーロッパカーの新城幸也は今大会最長の226kmのコースを65位でゴールした。

​最後の周回に入る新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA) 最後の周回に入る新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA)

 序盤にオリカ・グリーンエッジの2選手が逃げると、集団はこれを容認し、のんびりとしたムードでレースを展開。終盤に2周する周回コースへ入る手前で逃げを吸収した。

 ここで上りを得意とするジュリアン・アレドンド(コロンビア、トレック ファクトリーレーシング)やミケーレ・スカルポーニ(イタリア、アスタナ プロチーム)ら4選手が先行。

ゴール前の坂を上る新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA)ゴール前の坂を上る新城幸也(Photo: Miwa IIJIMA)

 この4人が集団に吸収されると、カウンターアタックで飛び出したヴァウテル・プールス(オランダ、チーム スカイ)が約6kmを独走してステージ優勝を飾った。チーム ヨーロッパカーのエース、ピエール・ローランは29位、新城は65位だった。

 新城はこの日のレースを次のように振り返った。

 「5人以上の逃げができそうだったら、自分がその逃げに入るはずだったが、2人だったので容認した。とにかくピエールを上りまで守る役目だったが、周回に入って上りの途中で自分がピエールから遅れてしまった。ただ、今日はピエール自身もあまり調子が良くないようだった。明日は残り80kmからが勝負。それまでは我慢かな。コンディションが上がってきているので、逃げに乗れたらいい」

 15日の第5ステージは1000m級の山岳が3つ登場し、距離195kmで争われる。ラスト16kmは平均勾配7.3%、最大勾配12%で標高1675mまで駆け上がる頂上ゴール。総合優勝争いを左右する重要なステージだ。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載