運動の秋、食欲の秋、芸術の秋を同時に楽しもうご当地グルメが大集合! 「かすみがうらエンデューロ」に併催イベント続々

  • 一覧
「かすみがうらエンデューロ」の舞台となるのは、絶景のレイクサイドコース「かすみがうらエンデューロ」の舞台となるのは、絶景のレイクサイドコース

 ここ数年、サイクルイベントとして大きな盛り上がりを見せているエンデューロ(耐久レース)。10月13日(土)に茨城県かすみがうら市で開催される「レイクサイド・サイクルフェスタ かすみがうらエンデューロ」は、この種のイベントとしては珍しく公道を舞台とする貴重なレースだ。約1ヵ月半後に迫り、大会を盛り上げるために併催されるお楽しみイベントが続々と明らかになってきた。
 

グルメフェスを併催

 当日は霞ヶ浦沿岸エリアのグルメの祭典「霞ヶ浦まるごとグルメフェス★2012」が同時開催される。周辺5市町などから、自慢の“ご当地グルメ”が会場に大集合する。

【鹿嶋市】鹿島神宮境内名物「みたらし焼きだんご」
【土浦市】土浦カレーフェスティバルC-1グランプリチャンピオンなどによる地元産品を使った「ご当地カレー」
【小美玉市】小美玉産の卵&ニラを使い、特製ソースをかけた「おみたまオムライス」
【阿見町】阿見町特産レンコン入りの「あみコロ」・衣にレンコンを使った「あみカラ」
【潮来市】地域オリジナル米「潮来あやめちゃん」を使用した「ご当地おにぎり」

鹿嶋市の「みたらし焼きだんご」鹿嶋市の「みたらし焼きだんご」
土浦市の「ご当地カレー」土浦市の「ご当地カレー」
土浦市の「ご当地カレー」土浦市の「ご当地カレー」
阿見町の「あみコロ」「あみカラ」阿見町の「あみコロ」「あみカラ」
潮来市の「ご当地おにぎり」潮来市の「ご当地おにぎり」
地元産のもち麦を使った「霞ヶ浦ラーメン」地元産のもち麦を使った「霞ヶ浦ラーメン」

 他にも、「焼き栗・ふかし栗」(かすみがうら市)、「稲しきのあげ餅」(稲敷市)、ブランド豚「美明豚」を使用したハム・ソーセージ(行方市)などの出店が予定されている。また、地元産のもち麦麺と川海老のだし汁を用いた「霞ヶ浦ラーメン」が数量限定で無料配布される。
 

同伴者も楽しめる 湖畔の絶景サイクリング

 エンデューロ終了後には、霞ヶ浦自転車道を走るサイクリングが開催される。レースへの参加は難しい子供や女性も気軽に参加でき、湖畔の絶景を楽しめるイベントだ。

 コースは約9.5km、所要時間は1時間。決して長くはないが、普段のお買い物などではなかなか乗らない距離だ。これまでサイクリング経験のない人も、参加すれば新しい発見があることだろう。定員50人、参加費は1人1,000円。申込みは定員に達し次第締め切られる。
 

ゲストを迎えてのステージイベントも

フードアナリストの藤原浩さんフードアナリストの藤原浩さん
オニツカサリーさんオニツカサリーさん

 ステージイベントとしては、フードアナリスト藤原浩さんのトークショーや、地元かすみがうら育ちのミュージシャン、オニツカサリーさんのライブが予定されている。

 藤原さんは幅広い知識とグローバルな見識を持つ“食のエキスパート”として、フジテレビ系「もしもツアーズ」など多方面で活躍中。またオニツカさんは今年8月に、霞ヶ浦をテーマにしたセカンドシングル「かすみのうら」をリリースしたばかりだ。

 盛りだくさんのイベントで、「運動の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」を一日で一度に楽しめる大会になっている。詳細は大会公式ページにて確認できる。

大会WEBサイト:http://kasumigaura.wizspo.jp/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エンデューロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載