工具はともだち<6>“F1メカニック御用達” T型レンチはネジ早回しの達人

  • 一覧

 朝晩、だいぶ過ごしやすくなってきましたね。走りに出たところ、愛車のリアタイヤがパンクしてしまう羽目に。「絶好のメンテナンスチャンス!」と前向きに捉え、必要な修理道具や部材を物色したのは最近の話です。
<5>炭素鋼からクロモリまで 工具の素材 “鉄”を探る

◇      ◇

KTC製「樹脂柄ヘキサゴンドライバー」KTC製「樹脂柄ヘキサゴンドライバー」

 今回は、六角レンチに関係する工具たちを紹介していきます。

 まずは、先端が六角棒になった「ヘキサゴンドライバー」。皆さんのご家庭にも1本はあると思われるドライバーのグリップに、自転車整備によく使われている六角棒が付属したタイプです。

 親しみのあるドライバー形状なので、慣れた使い心地で扱ってもらえると思います。

 グリップと軸の間が六角形状になっているのも特長のひとつで、固く締まったボルトを回す時には、スパナなどの工具を補助的に使用して、より強い力が発揮できるようになっています。

KTC製「樹脂柄ヘキサゴンドライバー」の構造KTC製「樹脂柄ヘキサゴンドライバー」の構造

 その他、アルファベットのT型をした工具もあります。KTCでは、「T型ヘキサゴンレンチ」や「T型六角棒レンチ」をラインアップしています。

 自転車では、あまり用途が無いかもしれませんが、足の長い友達(工具)なので、例えばオートバイのエンジンの奥まった場所にあるネジを締めたりゆるめたりするときに、適していますね。

「T型六角棒レンチ」(KTC)「T型六角棒レンチ」(KTC)
「T型ヘキサゴンレンチ」(KTC)「T型ヘキサゴンレンチ」(KTC)

 急いでいる時にはハンドル部分を上手く活用すれば、ネジの早回しも出来ます。ですので、このT型ヘキサゴンレンチは、四輪や二輪のモーターレース現場では、非常に好まれて使用されており、“F1メカニック御用達”の商品とも言えます。興味がある方はぜひ、F1の予選放映の時に映し出されるピット映像をよく見てみてください。

 この2つの工具は、折りたたみ型のヘキサゴンレンチとは異なり、1本でひとつの工具となっています。持ち運びには向いていませんね。メカニックが使用する“本格派”の工具を使って、休日に家でじっくり、コーヒーでも飲みながらメンテナンス…なんてことを想像される方にとっては、“親友”になってくれることと思います。私も、折りたたみよりはT型ヘキサゴンレンチ派です。

◇      ◇

工具で整備する時の注意点工具で整備する時の注意点

 最後に、今回紹介した2種類の工具で自転車整備をする際に共通する、大切なポイントまとめます。

 1つには、自転車に使われている六角穴付きボルトは、ボルト径に比較して六角穴が小さいため、それを動かすレンチに対する負担が高くなってしまうということ。固いからと言って、何か延長物や補助的な物を付けて回すと壊れてしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

 また、工具はボルトの奥まできっちり差し込んでください。ガタついた状態で使用すると、友達が足を滑らせて、ネジから外れてしまうこともあります。工具は外れてしまったら、大事な自転車にキズがついたり、場合によってはみなさんがケガをしてしまう場合がありますので、注意してくださいね。

小池覚(こいけ・さとる)
京都機械工具(KTC)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

メンテナンス 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載