東京五輪に向け舛添知事が意気込みシェアサイクルの相互利用へ 東京都と千代田など4区が基本協定を締結

  • 一覧
自転車シェアリングに取り組む千代田、中央、港、江東の4区と基本協定を締結した東京都の舛添要一知事(中央)自転車シェアリングに取り組む千代田、中央、港、江東の4区と基本協定を締結した東京都の舛添要一知事(中央)

 東京都は3月3日、自転車シェアリングに取り組む千代田、中央、港、江東の4区と広域的な相互利用を実現するため、基本協定を締結した。

 都によると、自転車シェアリングは、特定の地域内に設置された複数の駐輪場で、自転車の貸し出しと返却ができる。千代田、港、江東3区は各210~300台を貸し出しており、中央区も2015年度から約200台を導入する方針。

 ただ現状では、区をまたいで返却できないなど課題も多く、区境を越えた利用を目指して料金体系の統一などの検討を始めるという。

 締結後、舛添要一知事は「2020年の東京五輪に向けて世界の大都市に負けない自転車シェアリングをつくりたい」と話した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載