U23世代を中心に地域密着で選手育成真新しいウェアで地元サポーターにお披露目 「コラッジョ川西」がチーム発表会

  • 一覧

 兵庫県川西市を基盤とする新しい地域密着型サイクリングチーム「Coraggio Kawanishi Cycling Team」(コラッジョ川西サイクリングチーム)が2月28日、川西市の市民ホールで結成記念パーティーとチームプレゼンテーションを行った。会場に集まった約100人のサポーターを前に、選手たちが真新しいチームウェアをお披露目した。

プレゼンテーションの壇上に並んだ、コラッジョ川西の選手9人。コラッジョ=勇気・度胸を“握り拳”にデザインしたウェアだ。一般向けにレプリカウェアの販売も行うという(コラッジョ川西提供)プレゼンテーションの壇上に並んだ、コラッジョ川西の選手9人。コラッジョ=勇気・度胸を“握り拳”にデザインしたウェアだ。一般向けにレプリカウェアの販売も行うという(コラッジョ川西提供)

 同チームを発足させたのは、川西市在住の栂尾大知選手(30)。これまで11年間にわたり、ミヤタ、ニッポ、ラバネロ、シエルヴォ奈良などの、国内トップカテゴリーのチームでプロロードレーサーとして走り続けてきた。栂尾選手を中心に結成されたチームのメンバーは9人。東京オリンピックを目標に、U23(23歳未満)世代を中心とした選手でレースを戦っていく。

チーム代表の栂尾大知選手(コラッジョ川西提供)チーム代表の栂尾大知選手(コラッジョ川西提供)

 チームでは、働きながら競技を続ける選手のために、地元企業と連携する「里親制度」を考案。これは、ロードレースチームに関する制度としては日本初で、チームサポートのために選手の雇用の場を用意するというもの。すでに協力する企業も現れているという。

 栂尾選手はチームの今季の目標について、「U23選手が5人いるのでU23の全日本選手権ロードレースで上位入賞を目指します。個人タイムトライアルに強い大谷選手、豊田選手、田選手には全日本選手権個人タイムトライアルで上位入賞を期待しています」と語り、自分自身についても「長い距離のレースが得意なので、全日本ロードで見せ場を作りたい。持ち味の積極的な走りのスタイルを通して、若い選手達に指導しながら刺激を受けて走りたいです」と意気込みを語った。

関連記事

この記事のタグ

コラッジョ川西 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載