スマートフォン版はこちら

第3回大会開催へ「収入増やす」「さいたまクリテリウム」黒字540万円、経済効果は28億5600万円に 実行委員会が発表

  • 一覧
世界最高の自転車レース「ツール・ド・フランス」で活躍するトップ選手が多く来日した世界最高の自転車レース「ツール・ド・フランス」で活躍するトップ選手が多く来日した

 国際自転車レース「2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の実行委員会が26日、さいたま市内で開かれ、昨年10月の第2回大会の最終的な収支が約540万円の黒字となり、経済波及効果は28億5600万円だったと発表した。

 実行委によると、企業46社などからの協賛金が計約2億3500万円、オフィシャルグッズの売り上げが約2400万円といずれも目標額を上回った。当日の観客数は約10万3千人で、パブリックビューイングには約4万人が参加した。

 市は第3回大会開催へ準備を進めており、「ゴール前の有料席設置なども検討し、前回大会以上に収入を増やしたい」としている。

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

2014ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載