バイクインプレッション2015「CANYON AEROAD CF SLX 9.0」 軽い加速と振りの軽快さが秀逸な最新鋭エアロロード

  • 一覧

 モビスターやカチューシャというビッグチームが採用するドイツのバイクブランド、キャニオン。キャニオンはウェブサイトからの通信販売を採用し、ドイツから直接手元に届くシステム。フレーム販売のほか、このフレームだけで7パターンのアッセンブルから自宅でじっくりと選べる。今回は選手たちが乗る最新のプロジオメトリーフレーム「エアロード CF SLX」に試乗した。

CANYON AEROAD CF SLX 9.0(キャニオン エアロード CF SLX 9.0)CANYON AEROAD CF SLX 9.0(キャニオン エアロード CF SLX 9.0)

CANYON AEROAD CF SLX 9.0(キャニオン エアロード CF SLX 9.0)
価格:551,599円(デュラエース完成車、税抜)
311,339円(電動式対応フレーム、機械式対応フレーム、税抜)
*フレームはエアロコックピットCFとシマノデュラエース ダイレクトマウントブレーキが付属
*別途日本への配送、梱包費用あり
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
カラー:stealth – asphalt grey、stealth red
問い合わせ先:キャニオンジャパン http://www.canyon.com/ja/

スペック

フレーム:Canyon Aeroad CF SLX
フォーク:Canyon Aeroblade SLX
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:マヴィック・コスミックカーボン SLE WTS Exalith 2
重量:6.75kg(Sサイズ完成車実測値)

エアロ性能の高い、ブレード形状のフルカーボンフォーク。ダイレクトマウントのフロントブレーキを採用するエアロ性能の高い、ブレード形状のフルカーボンフォーク。ダイレクトマウントのフロントブレーキを採用する
エアロ効果を数値化して検証し、シートステーにダイレクトマウントでリアブレーキを設置したというエアロ効果を数値化して検証し、シートステーにダイレクトマウントでリアブレーキを設置したという
オリジナルの一体型ハンドル&ステム、エアロコックピットCF。フロント周りの剛性強化に貢献しつつ、適度なしなりで快適性も備えるオリジナルの一体型ハンドル&ステム、エアロコックピットCF。フロント周りの剛性強化に貢献しつつ、適度なしなりで快適性も備える

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

松尾 個人的には、日本で初めて行われたキャニオンの展示会にゲストで来日していたホアキン・ロドリゲスの大ファンなので、彼が駆るバイクに乗れて楽しめました。ジオメトリーがプロ向けとのことで、ハンドルの落差もあるのでボクにとっては乗りやすかったし、レース志向の人は好きだと思います。

米山 パイプの太さはあるが肉薄な軽量フレーム。乗ってみて、カッチリとした剛性と、振りの軽快さ、踏んだ分だけきっちり進む軽い加速、どこをとっても良い印象だった。

松尾 剛性は高いですね。縦剛性が目立つので、脚がある人向けで、扱い切ることができればとても速く走れます。エアロ形状のフレームはTTバイクのようだと形容されることが多いですが、まとまりは良く、TTバイクのようでいながらノーマルのロードバイクと遜色なく扱える1台でした。

米山 フラットで、乗り味は良い意味でノーマルバイクっぽいよね。鈍重ではなく、上りでも軽く振っていけるところなどは、プロが好むのもよく理解できる。

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

松尾 バイク全体の剛性が非常に高いので、上りもスプリントもとても優秀です。弱点は何かとあえて考えてみましたが、強いていうならその剛性の高さで、ペダルひと踏みに対して進む距離と時間が長い感じがするところ。言い換えると、それだけ足に対して跳ね返りがあるので、ある程度脚がある人でなければ、このバイクの“美味しいところ”は引き出せないかもしれません。

米山 そうだね。だから日々練習をして、目標とするレースがある人には良いと思う。最近はチェーンステー下にリヤブレーキを配置するハイエンドバイクが多いけれど、熟考の末、エアロードはシートステーにダイレクトに付く。ハンドルはオリジナルで攻めているけれど、選手も使っているそうなので使い勝手は信頼できるのでは。

松尾 実用性としても、納得できる仕様です。電動式と機械式にそれぞれフレームを用意しているところにもブランドのポリシーを感じます。

米山 今回の試乗車よりもハイスペックなアッセンブルもあるけれど、試乗車のデュラエース仕様で、マヴィックのディープリムを付けてこの価格とは驚かされる。乗り味も含め、クオリティに対してのコストパフォーマンスは文句なしだよ。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイク|30~50万円キャニオン(Canyon)のロードバイク|50万円以上

30~50万円 50万円~ カーボン キャニオン バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載