自転車まちづくり「しまなみ海道」で挑む取り組みシクロツーリズムしまなみの宇都宮一成さんを迎え自活研セミナー 3月5日に南青山で開催

  • 一覧
宇都宮一成さん宇都宮一成さん

 自転車活用推進研究会は3月5日、東京都港区のOVE南青山でセミナー「自転車まちづくり『しまなみ海道』で挑む取り組み〜第10回JTB交流文化賞を受けて〜」を開催する。会費は自活研会員は無料、非会員は3000円。閉会後に懇親会も行う(要予約)。

 講師はNPO法人シクロツーリズムしまなみの宇都宮一成さん。今治市在住の宇都宮さんは、かつてタンデム自転車で10年半かけて世界一周した経験を生かし、しまなみ海道を拠点に自転車の楽しみを広める活動に取り組んでいる。

 しまなみ海道は、米CNNなどで「世界で最も素晴らしいサイクリングコースの一つ」として紹介されているが、現在コース上にある島々は、かつてはサイクリングとは無縁の存在。現在のように高い評価を得るようになったのは、行政だけでなく民間団体や市民との連携による、長年の取り組みが実を結んだものだ。

 サイクリストと住民との交流をテーマとしてまちづくりに取り組んできた活動が評価され、シクロツーリズムしまなみは今年1月、第10回JTB交流文化賞(組織・団体対象)優秀賞を受賞。セミナーでは同法人のこれまでの活動を振り返りながら、全国から注目を集めている「しまなみ」の自転車を生かした地域振興の秘密を解き明かす。

■2014年度第12回自転車活用研究会
自転車まちづくり「しまなみ海道」で挑む取り組み
〜第10回JTB交流文化賞を受けて〜

講師:宇都宮 一成(うつのみや・かずなり)さん
日時:2015年3月5日(木)18時30分から
場所:
ライフ・クリエーション・ス ペース OVE南青山
東京都港区南青山3-4-8 KDXレジデンス南青山 1F
地下鉄「外苑前」駅1a出口から徒歩約8分。
会費:自活研会員無料(非会員3000円)

※閉会後に懇親会をそのままOVEで開催(要事前予約)
参加費1000円は会場入り口で開会前に支払い

宇都宮一成さんプロフィール

1968年1月15日愛媛県西予市宇和町生まれ。今治市在住
 
日本人で初めてタンデム(二人乗り)自転車で世界一周を成し遂げる。4歳で自転車に魅せられ、13歳のとき河野兵市氏(愛媛県出身の冒険家)に感銘を受けて、23歳で海外を自転車一人旅。その時、タンデム自転車で世界一周中のアメリカ人夫妻と出会い、強く影響を受ける。
その後、妻トモ子さんと共に1997年から10年半をかけて五大陸88カ国を巡り、地球2周半に相当する10万5805kmを走破。旅の詳細は、著書『世界でいちばん長いハネムーン』に記されている。
現在は、今治市のNPO法人シクロツーリズムしまなみに籍を置き、ポタリング(自転車散歩)ガイドとして、しまなみ海道を拠点に自転車の愉しみを広める活動に取り組んでいる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント 自転車活用推進研究会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載