サイクリスト

御神火ライド2018

荒川から1.5kmの好立地ファンライド誌から飛び出した「細沼自転車店」 元編集長の細沼達男さんが東京・板橋にオープン

  • 一覧

 自転車専門誌「ファンライド」の編集長を務めていた細沼達男さんが、東京都板橋区にロードバイク専門ショップ「細沼自転車店」を2月20日にオープンする。都内のロードバイク愛好家が多く走る荒川から至近という好立地で、細沼さんの長年の経験とノウハウを生かし、自転車に乗る楽しみを分かりやすく伝える店を目指す。(文・写真 米山一輝)

「細沼自転車店」をオープンする細沼達男さん。都営三田線の蓮根駅と西台駅の中間、高島通りに面した好立地だ(2月19日撮影)「細沼自転車店」をオープンする細沼達男さん。店舗は都営地下鉄三田線の蓮根駅と西台駅の中間、高島通りに面した好立地だ(2月19日撮影)

ついにオープン リアル「細沼自転車店」

かつてファンライド誌上で連載された「細沼自転車店」かつてファンライド誌上で連載された「細沼自転車店」

 細沼さんはファンライド誌の編集長に就任する以前のフリーライター時代から、ロードバイクのホイールやパーツのインプレッション、メンテナンス記事を数多く執筆。一般向けのメンテナンス講習会を行っていたこともあり、当時からレクチャーに力を入れた自転車店を開きたいという思いがあったという。

 編集長就任以前にファンライド誌上で展開していた“仮想自転車店”の店名が、まさに「細沼自転車店」。店舗のロゴや内外装は、ページからそのまま抜け出してきたイメージで作られている。

ジャイアントとルックを中心に厳選

日当たりが良く明るい店内日当たりが良く明るい店内

 販売するブランドは、ジャイアントとルックを中心に扱う。「ジャイアントパートナーストア」の認定を受け、完成車はジャイアントの中~上級モデルを揃える。またルックのコンセプトコーナーを設置し、フレーム、アクセサリーなどを扱う。特にペダルは全モデルが店内に展示される。

 「ジャイアントはコストパフォーマンスが良く、実際に乗っても後悔しないというか、幸せになれるブランド。広く一般の方々に乗ってもらう場合、ジャイアントに乗れば自転車を長く続けてくれる人が多い。ルックはさらに良いものや走りこみたい人のための、ハイエンドで突き抜けた自転車。どちらも自分が好きな、自分で乗るならまさにこれというブランドです」

 両ブランドともに試乗車を用意する。このほかにも、細沼さんが厳選したパーツやアクセサリー類が店内に並ぶ。

ジャイアントは10万円台前半の105装備車からをラインナップジャイアントは10万円台前半の105装備車からをラインナップ
ルックのバイクは695、675系統のハイエンドモデルルックのバイクは695、675系統のハイエンドモデル
アクセサリーコーナー。ルックのペダルは全種類を用意アクセサリーコーナー。ルックのペダルは全種類を用意

一緒に走ってロードバイクの楽しみを伝える

店舗の前面には、大きな荒川のマップ。細沼自転車店からの距離も分かる店舗の前面には、大きな荒川のマップ。細沼自転車店からの距離も分かる

 店舗では荒川まで1.5kmという立地を活かし、ユーザーとともに実際にロードバイクに乗って、その楽しみや幸せを伝える活動を行う。週末の午前中などを走行会や講習会に充て、乗り方の基本やバイクの立てかけ方といった初歩的な部分から、フォームやポジション、集団での走り方など中・上級者のテクニックまでを伝えていく考えだ。

 細沼さんは「ここをきっかけに、仲間と共に走る楽しみを知って、いろんな人と走れるようになってほしい」と呼びかけている。

■細沼自転車店 店舗概要

住所:〒174-0046 東京都板橋区蓮根3-5-23
電話:03-6454-9152 FAX:03-6454-9153
営業時間:12~20時
定休日:火・水曜日、イベント参加日
オープン日:2015年2月20日(金)

エントランスのマットも荒川をイメージしたオリジナルデザインだエントランスのマットも荒川をイメージしたオリジナルデザインだ

<細沼さんからのメッセージ>
 訪問しやすいショップを心がけるので、お気軽にいらしてください。説明は『もういい!』というくらいすると思います。自転車専門誌の編集やイベント開催を経験してきて、スポーツサイクル初心者の方たちの気持ちは理解しています。(来店時は)やりたいことを気兼ねなく言ってください。さぁ、一緒に走りましょう!

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント ショップ ルック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載