title banner

三重県で新ステージ、来年は京都府にも新設「ツアー・オブ・ジャパン」5月17~24日に7ステージで開催 ランプレ・メリダなど出場

  • 一覧

 国内最大のステージレース「第18回ツアー・オブ・ジャパン」の記者発表が2月18日午後、東京都渋谷区のスバル恵比寿ショールームで行われ、8年ぶりの新ステージとして「いなべステージ」(三重県いなべ市)が追加されることが正式発表された。大会の出場チーム枠は16チームで、このうちランプレ・メリダ(イタリア)、タブリーズ ペトロケミカル チーム(イラン)、ブリヂストンアンカーなど13チームの出場が明らかにされた。大会は5月17日から24日まで8日間、全7ステージ642.45kmで争われる。

発表会は東京都内のスバル恵比寿ショールームで開催された発表会は東京都内のスバル恵比寿ショールームで開催された

 ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)は1982年から14回開催されていた「国際サイクルロードレース」をルーツとする大会。1996年にUCI(国際自転車競技連合)の公認大会となったことで、名称を「ツアー・オブ・ジャパン」に改めた。

 以降、SARSが流行した2003年と東日本大震災が起こった2011年を除き、毎年5月の「自転車月間」のメーンイベントとして1週間の日程で行われている。全ステージを通じて30万人近くが観戦する、国内最大規模のロードレースだ。

いなべステージには斜度17%の“激坂”が登場

レース概要を説明する、栗村修大会副ディレクターレース概要を説明する、栗村修大会副ディレクター

 発表会では大会副ディレクターの栗村修さんが大会概要を説明。TOJは2010年を最後に奈良ステージが消滅し、以降は6ステージで開催されてきたが、今年は5年ぶりにステージ数を増やして行われる。日程前半の堺ステージ(大阪)と美濃ステージ(岐阜)の間に追加されたのは、三重県のいなべステージだ。第2ステージとして5月19日(火曜日)に開催される。また、来年には京都府でもステージが追加される予定であることが明らかにされた。

 三重県最北端に位置するいなべ市は、2003年に「平成の大合併」で旧員弁郡の員弁町・大安町・北勢町・藤原町が合併して生まれた。いなべステージは市の中央部の阿下喜駅前をスタートし、北部の農業公園(梅林公園)の周回コースを走る、130.7kmのレースとなる。全体としては最大高低差200m以下の中難易度の設定だが、山岳ポイントの直前に道幅の狭い最大斜度17%という“激坂”が登場する、バランスの良いコースだという。

いなべステージのコースマップ ©ツアー・オブ・ジャパン組織委員会いなべステージのコースマップ ©ツアー・オブ・ジャパン組織委員会
いなべステージの高低図 ©ツアー・オブ・ジャパン組織委員会いなべステージの高低図 ©ツアー・オブ・ジャパン組織委員会

「TOJアンバサダー」「TOJキッズ」の取り組みも

 出場チームは海外8チーム、国内8チームの全16チームを予定。この日は海外6チーム、国内7チームが発表された(下段に出場チーム一覧を掲載)。1チームは6選手となる。

 TOJは今年、地域貢献と国内自転車ロードレースの新たなビジネスモデル構築を目指し、長期構想「TOJ NEXT 10」を設定。これまでレース時に限って情報発信してきたウェブサイトは、新たに通年サイトがオープンし、読み物や、レースを知らない人向けの情報提供を始めている。

TOJキッズ構想を解説する、ウィーラースクールジャパン代表のブラッキー中島さんTOJキッズ構想を解説する、ウィーラースクールジャパン代表のブラッキー中島さん

 また、新たにレースを盛り上げる「TOJアンバサダー」「TOJキッズ」を創設。TOJアンバサダーは各ステージに縁のあるレジェンドライダーや関係者が、解説者やプレゼンターとしてレースを盛り上げる。TOJキッズは、レース開催を通じて未来ある子供たちを多角的にサポート。今年は子供たちが表彰台のプレゼンターを務めたり、堺ステージでウィーラースクール(子供自転車教室)を開いたりすることを検討しているという。また将来的には各ステージで子供自転車教室やキッズレースなどのイベント開催を目指すという。 (文・写真 米山一輝)

▪︎第18回ツアー・オブ・ジャパン開催日程(全走行距離 642.45km)

第1ステージ【堺】 5/17(日) 2.65km(個人タイムトライアル)
13:40 大仙公園周回コース

【移動日】 5/18(月)

第2ステージ【いなべ】 5/19(火)
130.7km(9.1km + 15.2km x 8周) パレードラン 2.8km
9:00 阿下喜駅前→下野尻交差点→農業公園(梅林公園)周回コース

第3ステージ【美濃】 5/20(水)
139.4km(11.6km + 21.3km x 6周) パレードラン 4.0km
9:15 旧今井家住宅前→横越→美濃和紙の里会館前周回コース

第4ステージ【南信州】 5/21(木)
123.6km(12.2km x 10周 + 1.6km) パレードラン 7.3km
9:15 飯田駅→下久堅周回コース→松尾総合運動場前

第5ステージ【富士山】 5/22(金)
11.4km(セレモニーラン 13.8km ※現在調整中)
10:00 小山町総合文化会館前(予定)→須走商店街→ふじあざみライン入口→富士山須走口5合目

第6ステージ【伊豆】 5/23(土)
122.0km(12.2km x 10周)
9:30 日本サイクルスポーツセンター周回コース

第7ステージ【東京】 5/24(日)
112.7km(14.7km + 7.0km x 14周)パレードラン 1.2㎞
11:00 日比谷シティ前→大井埠頭周回コース

第18回ツアー・オブ・ジャパン 出場予定チーム(2月18日現在)

▪︎海外チーム
ランプレ・メリダ(イタリア)
ドラパック プロフェッショナル サイクリング(オーストラリア)
アヴァンティ レーシングチーム(ニュージーランド)
タブリーズ ペトロケミカル チーム(イラン)
RTSサンティック レーシングチーム(台湾)
ピシュガマン ジャイアント チーム(イラン)

▪︎国内チーム
ブリヂストンアンカー
愛三工業レーシングチーム
チームUKYO
宇都宮ブリッツェン
那須ブラーゼン
シマノ レーシングチーム
マトリックス パワータグ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

TOJ2015・レース情報 ツアー・オブ・ジャパン2015

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載