TREK WORLD 2013 JAPAN レポート<下>ロード用ホイールがチューブレス対応、サドルも新製品投入 トレックのアクセサリー展開

  • 一覧

<上>「マドン」「ドマーネ」を全面展開 トレックが新ラインナップを発表
トレックの製品ラインナップが一同に会する展示会「トレックワールド」。8月21〜23日に国立京都国際会館で開催されたイベントのレポート第2弾は、パーツやアクセサリーにスポットを当てる。(取材・文 菊地武洋)

 トレックをはじめとするグローバルブランドは、完成車メーカーから、パーツやアクセリーを含む総合自転車メーカーへと発展しつつある。今回のトレックワールドでは、アクセサリーのジャンルでも多くの新製品がデビューした。メーカーの開発力を知る上で、フレームの新製品だけでなく、こうした関連製品からも目が離せない。

ロードホイールとしては初のチューブレスレディのTRLシリーズ。前後セットで4万円〜ロードホイールとしては初のチューブレスレディのTRLシリーズ。前後セットで4万円〜
専用タイヤ(R3)、シーラント剤、リムストリップのチューブレスレディ3点セット。1万7000円専用タイヤ(R3)、シーラント剤、リムストリップのチューブレスレディ3点セット。1万7000円

 注目されるのは、ボントレガー・ブランドからロード用としては初めて登場するチューブレス・レディのホイール3モデルだ。

 これらは、ダブルウォール構造のクリンチャーホイールに専用のバルブ&リムストリップ、シーラント剤(乳化ゴム)、専用タイヤを使用することでチューブレス構造を実現する。

 チューブレスタイヤは耐パンク性能が向上するだけでなく、空気圧の設定を低くできるので、乗り心地がいいのが特徴だ。「レースTLR」は前後で約4万円と価格が手ごろなので、初級者を中心に人気が出るだろう。

 上級者向けには「レースXライトTLR」「レースライトTLR」が用意されている。いずれも性能が同等のライバル製品と比べて価格が安いのがウリだ。

 そして、リムとタイヤの接合部の凹みで生じる乱気流を抑えるタイヤ「Rシリーズ」の新製品も発表された。これはビード部分の断面形状を見直して空気抵抗を改善したモノで、「R4エアロ」は、カーボンディープリム・ホイールの「アイオロス・D3」シリーズと組み合わせることで最大の整流効果を発揮するという。


サドルでは「ヒロ」と「パラダイム」が登場した。トライアスリートをメインターゲットにしたヒロは、本体が双胴型になっていて、ペダリングがしやすいように先端部を16mmほど可変させられるのが特徴だ。

 パラダイムは軽量性と快適性を両立したモデルで、骨盤に合わせてグレードごとに3種類の幅が用意される。最軽量モデルの「レースXXXライト」はカーボンベースを採用しており、重量は145gしかないという。

サドル先端が16㎜も調整可能な“ヒロ・RXL スピードダイアル”。340g、1万4000円サドル先端が16㎜も調整可能な「ヒロ・RXL スピードダイアル」。340g、1万4000円
レーサー&耐久ライダー用の“パラダイム・RXXXL”。ブラック&ホワイト、145-155g、1万9000円レーサー&耐久ライダー用の「パラダイム・RXXXL」。ブラック&ホワイト、145-155g、1万9000円

 ヒロ、パラダイムともに軟部組織への圧迫を緩和するため、「コンツアーリリーフゾーン」(CRZ)と「ゾーンシディフォーム」の2つの最新テクノロジーが搭載されている。

 【問い合わせ先】 トレック・ジャパン 0798-74-9053

菊地武洋菊地 武洋(きくち・たけひろ)
自転車ジャーナリスト。1000台を超える市販ロードバイク試乗体験に基づく評価は、他の追随を許さない。国内外のメーカーやサイクルショーなどの取材経験も豊富。近著「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」を7月に発売。東京都生まれ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載