女子は萩原麻由子の10位が最高アジア選手権ロードレース、男子アンダー23で小石祐馬が優勝 日本ロード勢3個目の金

  • 一覧

 アジア自転車競技選手権大会、アジア・ジュニア自転車競技選手権大会は2月11日、ロードレース2日目の競技が行われ、男子アンダー23(U23)個人ロードレースで小石祐馬(京都・チャンピオンシステム)が優勝した。日本ロード勢は初日の男女ジュニアの個人ロードに続き3個目の金メダル獲得となった。

独走ガッツポーズでゴールする小石祐馬 ©JCF / 中村賢二独走ガッツポーズでゴールする小石祐馬 ©JCF / 中村賢二

前半から逃げ続けた小石が会心の勝利

 男子アンダー23のレースは、8.1kmの周回コースを10周する81.4km。比較的短い距離ということもあり、レースは序盤からハイペースでの展開が続いた。

レース前半から積極的に逃げに加わった小石祐馬 ©JCF / 中村賢二レース前半から積極的に逃げに加わった小石祐馬 ©JCF / 中村賢二
メーン集団で走る岡篤志と面手利輝 ©JCF / 中村賢二メーン集団で走る岡篤志と面手利輝 ©JCF / 中村賢二
終盤の先頭グループでの徳田優 ©JCF / 中村賢二終盤の先頭グループでの徳田優 ©JCF / 中村賢二

 小石はレース前半から積極的に逃げに加わり、残り2周回では小石と徳田優(京都・鹿屋体育大学/チャンピオンシステム)が入った10人弱の先頭グループが、後続のメーン集団に45秒差を保って最終盤へ。残り1周で、小石とイラン人選手がアタック。小石はそのまま他の選手を振り切り、2位に4秒、3位グループに1分26秒の差を付けて、ガッツポーズでゴールに飛び込んだ。

小石祐馬 ©JCF / 中村賢二小石祐馬 ©JCF / 中村賢二

■男子アンダー23個人ロードレース(81.4km)
1位 小石祐馬(京都・CHAMPION SYSTEM)1時間46分33秒
2位 CHAICHI RAGHIMI, Mohammadesmaeil IRI 1時間46分37秒
3位 PENG Yuan Tang TPE 1時間47分59秒
9位 徳田優(京都・鹿屋体育大学/CHAMPION SYSTEM)1時間48分03秒
18位 岡篤志(茨城・EQADS)1時間49分37秒
24位 面手利輝(神奈川・EQADS)1時間49分37秒

男子アンダー23表彰 ©JCF / 中村賢二男子アンダー23表彰 ©JCF / 中村賢二

集団ゴールスプリントは台湾勢がワンツー

女子エリートの集団前方を走る西加南子と萩原麻由子 ©JCF / 中村賢二女子エリートの集団前方を走る西加南子と萩原麻由子 ©JCF / 中村賢二

 同日行われた女子エリートのレースは、9周回、73.3kmで行われた。レースは決定的な動きが作られず、大きな集団のまま最終周回へ。ゴールスプリント争いはチャイニーズタイペイが1・2フィニッシュを決め、日本勢は萩原麻由子(群馬・ウィグル・ホンダ プロチーム)の10位が最高位だった。

西加南子 ©JCF / 中村賢二西加南子 ©JCF / 中村賢二
女子エリートのゴールスプリント ©JCF / 中村賢二女子エリートのゴールスプリント ©JCF / 中村賢二

■女子エリート個人ロードレース(73.3km)
1位 HUANG Ting Ying TPE 1時間50分34秒
2位 HSIAO Mei Yu TPE 1時間50分34秒
3位 MENG Zhaojuan HKG 1時間50分34秒
10位 萩原麻由子(群馬・Wiggle Honda pro team)1時間50分34秒
17位 西加南子(千葉・LUMINARIA)1時間50分45秒
22位 與那嶺恵理(茨城・サクソバンクFX証券)1時間50分45秒
37位 針谷千紗子(栃木・Live GARDEN BICI STELLE)1時間57分09秒

日本勢は萩原麻由子の10位が最高位だった ©JCF / 中村賢二日本勢は萩原麻由子の10位が最高位だった ©JCF / 中村賢二

◇      ◇

 12日は男子エリートの個人ロードレースが開催される。日本からは佐野淳哉、新城幸也、中島康晴、内間康平の4選手が出場する。

関連記事

この記事のタグ

ロードレース 日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載