バイクインプレッション2015「TREK DOMANE 4」 大船に乗ったような高い安定感、振動吸収性抜群のロングライドバイク

  • 一覧

 おそらくは、一度見たら忘れないカラーリングに仕上がった。今回インプレッションに登場するバイクは、トレックのバイクオーダーシステム「プロジェクトワン」をフルに活用して製作された“Cyclistスペシャル号”だ。フレームはドマーネ4シリーズをセレクトし、コンポーネントはアルテグラを装備。細かなパーツはまぶしいフレームカラーに合わせて、タイヤからアウターワイヤまで、全力でトータルコーディネートを施した。ドマーネ4シリーズは、カーボン素材を採用したドマーネの中では下位グレードだが、その良質な素材と優れた設計によってクラス随一の性能を誇るマシンとなっている。

TREK DOMANE 4(トレック ドマーネ4)TREK DOMANE 4(トレック ドマーネ4)

TREK DOMANE 4(トレック ドマーネ4)
カスタマイズ参考価格:533,500円(完成車、税抜)※プロジェクトワン利用
サイズ:50cm、52cm、54cm、56cm
カラー:cyan/Black/Flamingo Pink/White (カスタマイズカラー)
問い合わせ先:トレック・ジャパン http://www.trekbikes.co.jp/

スペック

フレーム:400 シリーズ OCLV カーボン
フォーク:トレック IsoSpeed カーボン
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:ボントレガー・レース X ライト TLR
重量:7.65kg(54cmサイズ完成車実測値)

アシンメトリックデザインのドマーネフレームはBB90を採用。 4シリーズのフレーム素材はクラス最高のトータルバランスを誇るという400シリーズOCLVカーボンだ。ブラックの差し色がさりげなく左右非対称をアピールアシンメトリックデザインのドマーネフレームはBB90を採用。 4シリーズのフレーム素材はクラス最高のトータルバランスを誇るという400シリーズOCLVカーボンだ。ブラックの差し色がさりげなく左右非対称をアピール
ドマーネのアイコン、IsoSpeedテクノロジーはシートチューブを他のチューブから独立させ、効率的なペダリングを犠牲にすることなく縦の柔軟性を高めているドマーネのアイコン、IsoSpeedテクノロジーはシートチューブを他のチューブから独立させ、効率的なペダリングを犠牲にすることなく縦の柔軟性を高めている
独特のフォークエンドが前後方向へのしなりを増やし、路面からの衝撃を吸収する独特のフォークエンドが前後方向へのしなりを増やし、路面からの衝撃を吸収する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm

米山 この“Cyclistスペシャル号”の製作過程はすでに記事で紹介しているけれど、ここでインプレもしてみよう。トレックのバイクはマドン、ドマーネ、一番最近はエモンダも試乗してきた。今回の製作では、ボクの好みでドマーネを選ばせてもらった。

松尾 以前、ドマーネの6シリーズに試乗しましたが、たしかに印象が良かったですよね。同じ構造を持つ4シリーズもとても快適性が高く、まるで独立したサスペンションを備えているような乗り心地の良さです。好き嫌いが分かれるかもしれませんが、後ろ側の動きがとても特徴的な乗り味ですね。

米山 でもIsoSpeedだけでなく、フォークもしっかりショックを吸収しているのがよくわかるよね。4シリーズは6シリーズに比べ、カーボン素材が異なるのと、フォークコラムがアルミだったり、ワイヤーが外装だったりという相違点がある。ただグレードは違えど、ドマーネの「大船に乗ったような安定感」は一貫していた。

松尾 ええ。直進安定性はかなり高いです。独立したような動きをするリアは、フロントフォークの動きとワンテンポ遅れて反応が来る感じですが、もっさり感を感じさせずに、推進力に変えているのが良い印象でした。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 剛性に決して不足を感じはしないけれど、上りの性能に関してはシャキシャキ上るというよりは“ぐわわーん”と踏んでいく感じ。

松尾 そうですね、ダンシングでクイクイと上るよりは、シッティングでじわじわ行くほうが得意です。

米山 でしょう。それから、ホイールがなかなか軽量なので、期待以上にシャッキリと加速するのが良かった。

松尾 クイックではないですが、スプリントしてもしっかり応えてくれるので頼もしいですね。レースもいけますが、直進安定性の高さと抜群の振動吸収性はロングライドには最適です。一日中走るときにはこの上ないと思います。

米山 これで、全国各地のサイクリングイベントに出たら最高でしょう。cyclistジャージにカラーも完璧だしね。でも、松尾くんがこれに乗っている姿を見たら、あまりにバイクが浮いていて面白かったよ。

松尾 ド派手に仕上がりましたよね。ボクには乗りこなせない色でした!

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクトレック(TREK)のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク|50万円以上

50万円~ カーボン トレック バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載