「Pit Stopつくば北条」代表の有野真由美さん招き公共交通に自転車を加える「+cycle」で自転車ステーション推進 滋賀・彦根で2月16日講演

  • 一覧
有野真由美さん有野真由美さん

 滋賀プラス・サイクル推進協議会は16日、彦根市の大学サテライト・プラザ彦根で有野真由美さん(「Pit Stopつくば北条」代表)を招いて、講演「筑波山麓でのサイクルピットの運営と“いばらき自転車サポートステーション”の整備」を行う。講演傍聴は無料。

 有野さんは「サイクリストがが足ごしらえ・腹ごしらえができる場所をつくりたい」と、2011年にPit Stopつくば北条を個人で開設。現在ではこの施設が自転車愛好者の集う場所となり、良質なコミュニティからの情報収集・発信の場所になっている。有野さんはその後NPO法人を設立。「いばらきサイクルツーリズム」で自転車サポートステーションの整備を推進するなど、積極的な活動を行っている。

 講演を主催する「滋賀プラス・サイクル推進協議会」は、平成23年度に設置された滋賀県自転車利用促進協議会で提言された「+cycle推進プラン」を実施するための団体。これまで個人の私的な移動手段とされていた自転車を、単なる公共交通との連携だけでなく、新しい価値と公共性を付与することで、自転車を地域における公共交通体系のひとつとして位置づけることを目的としている。

 +cycle推進プランの中には「観光地まで自転車が利用出来るイメージの定着」という部分もあり、協議会の自転車ツーリズムワーキングでは、ツーリズムを支える一つとして、サイクルステーション設置の進め方について検討を行っている。滋賀県内では琵琶湖一周サイクリング“ビワイチ”をはじめとした、サイクルツーリズム拡大の取り組みが近年盛んになっている。

■講演「筑波山麓でのサイクルピットの運営と “いばらき自転車サポートステーション”の整備」

日時:平成27年2月16日(月)13:00~
場所:大学サテライト・プラザ彦根 B・C会議室
(彦根市大東町1-7 アル・プラザ彦根6階)
内容:事例紹介(講演)
「筑波山麓でのサイクルピットの運営と“いばらき自転車サポートステーション”の整備」
講師:Pit Stopつくば北条・代表 有野真由美
主催:滋賀プラス・サイクル推進協議会
参加申込先:滋賀県交通政策課 交通プロジェクト担当 小嶋
TEL 077-528-3684
その他:公共交通機関をご利用ください
※講演後のワーキングについては非公開となります。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載