スウェーデン発の「見えないヘルメット」「しまった!」の瞬間に作動 自転車用エアバッグ「ホーブディング」が開く瞬間を激写

  • 一覧

 スウェーデン発の画期的な自転車用エアバッグシステム「HOVDING」(ホーブディング)の実作動デモンストレーションが9日、東京都内で行われた。首周りにホーブディングのエアバッグを装着したライダーが、マウンテンバイクに乗って転倒。宙に投げ出された身体が落ちる前にエアバッグが開いて、頭部をすっぽりと包み込んだ。
(文 米山一輝・写真 瀧誠四郎)

「パン!」という音と共に膨らんだ「パン!」という音と共に膨らんだ

 「見えないヘルメット」として話題を呼んでいるホーブディングは10年前、スウェーデンの工科大学で工業デザインを学んでいた2人の女子学生が、卒業論文に次世代のヘルメットを選んだことから研究がスタートした。その後,
7年の研究開発期間を経て、2011年に最初の製品である「ホーブディング1.0」の発売に至った。

頭部をすっぽりと包んで保護する頭部をすっぽりと包んで保護する

 本体内のモーションセンサーが1秒間に200回、ライダーの挙動をチェック。制御ユニットが通常のライディングと異なる「事故につながる動作」を感知すると、約0.1秒でエアバッグを展開する。通常の自転車用ヘルメットに対して、およそ3倍の衝撃吸収性能をもつという。

 スウェーデンでは今月、ユニットを小型化するなど改良された第2世代の「ホーブディング2.0」が登場した。日本国内では3月下旬に発売予定で、価格は5万4000円(税込)。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ホーブディング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載