【速報】国内外の強豪がお台場で激突男子はザック・マクドナルド、女子は豊岡英子が優勝 「シクロクロス東京2015」2日目結果

  • 一覧

 「シクロクロス東京2015」は2月8日午後、国内外のプロ選手が出場する男女のトップカテゴリーのレースが行われた。男子エリートは、序盤から独走に持ち込んだザック・マクドナルド(アメリカ、シクロクロス プロジェクト2015)が大会2連覇を達成。日本勢では、山本和弘(弱虫ペダル シクロクロスチーム)が竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ)を抑えて3位に入った。女子CL1は国内勢によって争われ、全日本シクロクロス選手権の現女王、豊岡英子(パナソニックレディース)が前女王の宮内佐季子(チーム チェーンリング)を下し、勝利を収めた。

男子エリートで大会2連覇を達成し、両手を上げてゴールするザック・マクドナルド (米山一輝撮影)男子エリートで大会2連覇を達成し、両手を上げてゴールするザック・マクドナルド (米山一輝撮影)

終盤に豊岡、宮内がデッドヒートを展開

 先に行われたCL1のレースでは、スタートと同時に豊岡がダッシュで先頭へ。中盤までは後続を引き離す盤石のレース展開を見せた。しかし、宮内も徐々に調子を上げて猛追。終盤には豊岡に並びかけるなど果敢に攻めたが、最終周回で豊岡が地力を見せ、3秒差で逃げ切った。

スタート直後、砂浜の曲がりくねったコースを先頭で駆け抜ける豊岡英子 (上野嘉之撮影)スタート直後、砂浜の曲がりくねったコースを先頭で駆け抜ける豊岡英子 (上野嘉之撮影)
砂浜の長い直線で展開されたトップ争い。逃げる豊岡英子を宮内佐季子と坂口聖香が追った (上野嘉之撮影)砂浜の長い直線で展開されたトップ争い。逃げる豊岡英子を宮内佐季子と坂口聖香が追った (上野嘉之撮影)
追いすがる宮内佐季子を振り切って先頭でゴールした豊岡英子 (上野嘉之撮影)追いすがる宮内佐季子を振り切って先頭でゴールした豊岡英子 (上野嘉之撮影)

■CL1(女子トップカテゴリー)結果
1 豊岡英子(パナソニックレディース) 34分11秒
2 宮内佐季子(チーム チェーンリング) +3秒
3 坂口聖香(パナソニックレディース) +1分5秒
4 武田和佳(チーム チェーンリング) +1分57秒
5 橋口陽子(TEAM 轍屋) +3分6秒
6 坂口楓華(パナソニックレディース) +3分46秒

圧倒的な走破力でザックが2連覇

フライオーバー(立体交差)も難なくクリアするザック・マクドナルド。盤石の走りで2連覇を果たした (上野嘉之撮影)フライオーバー(立体交差)も難なくクリアするザック・マクドナルド。盤石の走りで2連覇を果たした (上野嘉之撮影)

 エリート男子は、序盤からザックマクドナルドが独走に持ち込み、後続との差は開く一方。砂の上では、バイクに乗って漕いでも、バイクを担いで走っても他を寄せ付けない速さを誇り、砂以外のコースにも弱点はなく、危なげない走りで優勝を手中に収めた。

 後続ではベン・バーデン(ベルギー、W-cup)がマクドナルドを追ったが、序盤から一人旅が続き、2位でフィニッシュした。

サンドエリアで先行する山本和弘と、僅差で追う竹ノ内悠 (上野嘉之撮影)サンドエリアで先行する山本和弘と、僅差で追う竹ノ内悠 (上野嘉之撮影)
舗装路の区間で逃げる山本和弘と、ぴったりマークする竹ノ内悠 (上野嘉之撮影)舗装路の区間で逃げる山本和弘と、ぴったりマークする竹ノ内悠 (上野嘉之撮影)

 日本勢では、このレースでプロ活動を終える山本が、現シクロクロス日本チャンピオンの竹之内とデッドヒートを展開。竹之内は序盤から中盤にかけて山本をぴったりマークしたが、終盤で突き放した山本がファンの温かい声援に迎えられて日本人最上位でフィニッシュ。表彰台に立ち、プロとして有終の美を飾った。

■エリート男子結果
1 ザック・マクドナルド(アメリカ、シクロクロス プロジェクト2015) 1時間0分20秒
2 ベン・バーデン(ベルギー、W-cup) +1分27秒
3 山本和弘(弱虫ぺダル シクロクロスチーム) +1分39秒
4 竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ) +1分49秒
5 ティム・ジョンソン(アメリカ、キャノンデール p/b) +4分19秒
6 前田公平(ビオレーサー) +5分20秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載