エンデューロやエリートレースを開催キッズたちも悪路に挑戦 「シクロクロス東京2015」東京・お台場で2日目がスタート

  • 一覧

 「シクロクロス東京2015」の2日目は2月8日朝、東京・お台場海浜公園を会場に、キッズのレースでスタート。小学1~3年生と4~6年生のグループに分かれ、それぞれ険しい悪路でのレースに挑戦した。その後、午前中はチームによるエンデューロ(耐久レース)を開催。午後0時50分から女子のトップカテゴリーであるCL1クラス、そして午後2時から男子エリートのレースが行われる。

「シクロクロス東京2015」の2日目は元気のいいキッズたちのレースでスタート! (上野嘉之撮影)「シクロクロス東京2015」の2日目は元気のいいキッズたちのレースでスタート! (上野嘉之撮影)

ちょっとした上りでもなかなか手ごわいぞ。漕いだり、押したり… (上野嘉之撮影)ちょっとした上りでもなかなか手ごわいぞ。漕いだり、押したり… (上野嘉之撮影)

 キッズのコースには砂浜やシケインが用いられず、林の中と舗装路で開催。カラフルなレーサージャージに身を固めた子供たちは、ホイール径の小さなマウンテンバイクやシクロクロスバイクにまたがり、元気よくスタート。悪路のカーブや上り坂には手こずり、転倒も続出したが、自転車を押したり漕いだりして懸命に走り切った。

子供たちの晴れ舞台を大人たちも熱心に応援 (上野嘉之撮影)子供たちの晴れ舞台を大人たちも熱心に応援 (上野嘉之撮影)
カーブやオフロードでは転倒も続出。山本“カズ”和弘選手が見守る中で懸命にリスタート (上野嘉之撮影)カーブやオフロードでは転倒も続出。山本“カズ”和弘選手が見守る中で懸命にリスタート (上野嘉之撮影)

 この日はレースに先立って、自転車マンガ「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんによる「チャリティサコッシュ販売&サイン会」の抽選会が行われ、早朝からファンが長蛇の列を作って整理券の抽選に臨んだ。渡辺さんは午前10時からのエンデューロに自ら出場するほか、「弱虫ペダルシクロクロスチーム」を率いる立場で、エリートクラスの選手たちを会場で応援する。

「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんによるチャリティサコッシュ販売&サイン会の抽選会が行われ、早朝からファンによる長蛇の列ができた (上野嘉之撮影)「弱虫ペダル」作者の渡辺航さんによるチャリティサコッシュ販売&サイン会の抽選会が行われ、早朝からファンによる長蛇の列ができた (上野嘉之撮影)
午前10時からのエンデューロレースに出場する弱虫ペダル作者の渡辺航さん。ファンと談笑中にカメラを向けても、ばっちりポーズを決めてくれました (上野嘉之撮影)午前10時からのエンデューロレースに出場する弱虫ペダル作者の渡辺航さん。ファンと談笑中にカメラを向けても、ばっちりポーズを決めてくれました (上野嘉之撮影)
レースを盛り上げるのは、MCの白戸太朗さん(中央)、平野由香里さん(右)、DJ BACK4さん。会場はノリのいいMCトークとクラブミュージックに満たされている (上野嘉之撮影)レースを盛り上げるのは、MCの白戸太朗さん(中央)、平野由香里さん(右)、DJ BACK4さん。会場はノリのいいMCトークとクラブミュージックに満たされている (上野嘉之撮影)

 会場では2日目も、シクロクロス観戦の“名物”であるビールやカウベルが販売され、心地よいクラブミュージックやMCトークとともに熱気を増している。初日と同様に出展ブースも並び、シクロクロスバイクの試走も行われている。

 国内外のトップ選手によって争われる男子エリートのレースは、これまでマウンテンバイク、ロードレース、シクロクラスの各分野で日本の自転車競技界を牽引してきた山本和弘選手のプロとしての最後のレース。その雄姿を見ようと、カズ選手のファンも会場を訪れている。

午後の男子エリートレースは、マウンテンバイク、ロードレース、シクロクロスと日本の第一線で活躍してきた山本和弘選手のプロとしての最後のレース。メッセージボードはファンのコメントで埋まっていった (上野嘉之撮影)午後の男子エリートレースは、マウンテンバイク、ロードレース、シクロクロスと日本の第一線で活躍してきた山本和弘選手のプロとしての最後のレース。メッセージボードはファンのコメントで埋まっていった (上野嘉之撮影)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載