男子エリートケイリンは渡邉一成が2位女子ジュニアチームパーシュートで金メダル アジア選手権トラック2日目

  • 一覧

 アジア自転車競技選手権大会、アジア・ジュニア自転車競技選手権大会は2月5日、タイ・ナコンラチャシマでトラックレース2日目の競技が行われた。日本自転車競技連盟(JCF)によると、女子ジュニアのチームパーシュートで日本チーム(鈴木奈央・梶原悠未・橋本優弥・古山稀絵)が5分02秒084で金メダルを獲得した。

女子ジュニアチームパーシュートで金メダルを獲得した日本チーム。(左から)鈴木奈央、梶原悠未、古山稀絵、橋本優弥 ©JCF / 中村賢二女子ジュニアチームパーシュートで金メダルを獲得した日本チーム。(左から)鈴木奈央、梶原悠未、古山稀絵、橋本優弥 ©JCF / 中村賢二

疾走する女子ジュニアチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二疾走する女子ジュニアチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二

 この日は午前中にチームパーシュートの予選などが行われ、女子ジュニア日本チームは5分08秒893の好タイムで予選3組を1位通過し、午後に行われた決勝では韓国との対決に勝利した。女子ジュニアは4日の梶原のポイントレースに続き、2個目の金メダル獲得となった。

表彰台の真ん中に立った女子ジュニアチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二表彰台の真ん中に立った女子ジュニアチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二

 男子エリートチームパーシュートでも日本チーム(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼)が4分16秒744で2位に食い込んだ。男子エリートケイリンでは渡邉一成(JPCA・JPCU福島)が2位、脇本雄太(JPCA・JPCU福井)が6位に入った。

男子エリートチームパーシュート決勝を走る日本チーム(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼) ©JCF / 中村賢二男子エリートチームパーシュート決勝を走る日本チーム(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼) ©JCF / 中村賢二
男子エリートケイリンの決勝レース ©JCF / 中村賢二男子エリートケイリンの決勝レース ©JCF / 中村賢二

 このほか、チームパーシュートでは女子エリートの日本チーム(加瀬加奈子・塚越さくら・上野みなみ・中村妃智)が追抜勝で、男子ジュニアの日本チーム(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介)が4分32秒977で、ともに銅メダルを獲得。女子500mタイムトライアルでも、エリートの前田佳代乃が36秒806、ジュニアの大久保花梨が38秒411のタイムで銅メダルを獲得した。

女子エリートチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二女子エリートチームパーシュートの日本チーム ©JCF / 中村賢二
男子ジュニアチームパーシュート決勝で疾走する日本チーム(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介) ©JCF / 中村賢二男子ジュニアチームパーシュート決勝で疾走する日本チーム(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介) ©JCF / 中村賢二
前田佳代乃が女子エリート500mタイムトライアルで銅メダルを獲得 ©JCF / 中村賢二前田佳代乃が女子エリート500mタイムトライアルで銅メダルを獲得 ©JCF / 中村賢二
大久保花梨も女子ジュニア500mタイムトライアルで銅メダル ©JCF / 中村賢二大久保花梨も女子ジュニア500mタイムトライアルで銅メダル ©JCF / 中村賢二


■アジア選手権トラック2日目 日本人選手の成績
●女子ジュニアチームパーシュート
1位 日本(鈴木奈央・梶原悠未・橋本優弥・古山稀絵)5分02秒084
2位 韓国 5分10秒129
3位 カザフスタン 追抜勝

 

男子エリートチームパーシュートで2位に入った日本チーム(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼) ©JCF / 中村賢二男子エリートチームパーシュートで2位に入った日本チーム(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼) ©JCF / 中村賢二

●男子エリートチームパーシュート
1位 中国 4分12秒494
2位 日本(窪木一茂・一丸尚伍・倉林巧和・近谷涼)4分16秒744
3位 韓国 4分14秒597

男子エリートケイリンで2位の渡邉一成(左) ©JCF / 中村賢二男子エリートケイリンで2位の渡邉一成(左) ©JCF / 中村賢二

●男子エリートケイリン
1位 AWANG Mohd Azizulhasni MAS
2位 渡邉一成(JPCA・JPCU福島)
3位 KAPUNYA Worayut THA
6位 脇本雄太(JPCA・JPCU福井)

女子エリートチームパーシュートで3位に入った日本チーム ©JCF / 中村賢二女子エリートチームパーシュートで3位に入った日本チーム ©JCF / 中村賢二

●女子エリートチームパーシュート
1位 中国 4分41秒681
2位 ホンコンチャイナ 4分47秒085 
3位 日本(加瀬加奈子・塚越さくら・上野みなみ・小島蓉子(決勝のみ)・中村妃智(決
勝以外))追抜勝

男子ジュニアチームパーシュートで3位に入った日本チーム(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介) ©JCF / 中村賢二男子ジュニアチームパーシュートで3位に入った日本チーム(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介) ©JCF / 中村賢二

●男子ジュニアチームパーシュート
1位 カザフスタン 4分26秒020
2位 韓国 4分28秒737
3位 日本(沢田桂太郎・安川義道・安田開・今村駿介)4分32秒977

女子エリート500mタイムトライアルで3位の前田佳代乃(右) ©JCF / 中村賢二女子エリート500mタイムトライアルで3位の前田佳代乃(右) ©JCF / 中村賢二

●女子エリート500mタイムトライアル
1位 LEE Wai Sze HKG 35秒017
2位 MUSTAPA Fatehah MAS 35秒664
3位 前田佳代乃(京都)36秒806

女子ジュニア500mタイムトライアルで3位の大久保花梨(右) ©JCF / 中村賢二女子ジュニア500mタイムトライアルで3位の大久保花梨(右) ©JCF / 中村賢二

●女子ジュニア500mタイムトライアル
1位 CHANG Yao TPE 36秒724
2位 KIM Soohyun KOR 37秒026
3位 大久保花梨(福岡・祐誠高校)38秒411

男子ジュニアケイリンの決勝レース ©JCF / 中村賢二男子ジュニアケイリンの決勝レース ©JCF / 中村賢二

●男子ジュニアケイリン
1位 KANG Shih Feng TPE
2位 OH Je Seok KOR
3位 MOHD SHAHRIN Mohamad Shariz Efendi MAS
5位 南潤(和歌山・和歌山北高校)
13位 伊藤稔真(三重・朝明高校)

男子ジュニアスクラッチで7位の今村駿介 ©JCF / 中村賢二男子ジュニアスクラッチで7位の今村駿介 ©JCF / 中村賢二

●男子ジュニアスクラッチ(10km)
1位 PHONARJTHAN Patompob THA 13:06
2位 WOO Yong Suk KOR
3位 MOHD ZAMRI Eiman Firdaus MAS
7位 今村 駿介(福岡・祐誠高校)

男子エリートスクラッチの一丸尚伍 ©JCF / 中村賢二男子エリートスクラッチの一丸尚伍 ©JCF / 中村賢二

●男子エリートスクラッチ(15km)
1位 KHALILIKHOSROSHAHI Behnam IRI 19:13
2位 MORALES Jan Paul PHI -1lap
3位 LIU Chin Feng TPE -1lap
DNF 一丸 尚伍(大分・ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載