産経新聞【Life マネー】面より自転車保険、傷害と個人賠償のセット商品に注目集まる

  • 一覧

 日常生活やレジャーで活用されている自転車。便利な一方、交通事故を起こして負傷したり、加害者となり高額な賠償責任が問われたりするケースもある。こうした中、傷害保険と個人賠償責任保険をセットにした、自転車保険に注目が集まっている。(産経新聞文化部 日野稚子)

高額な賠償請求も

自転車事故に備え、保険に入る人が増えている ※本文と写真は関係ありません(日野稚子撮影)自転車事故に備え、保険に入る人が増えている ※本文と写真は関係ありません(日野稚子撮影)

 自転車事故の損害は、利用者本人が負傷する場合と、他人を負傷させたり物を壊したりする場合の2通りがある。これらを保険でカバーするには、本人の負傷は傷害保険や交通傷害保険、他人への補償は個人賠償責任保険が必要となる。

 兵庫県は全国で初めて、自転車の使用者に対し、損害賠償責任保険の加入義務化を盛り込んだ条例の策定を目指している。

 条例の策定は、2008年9月、神戸市で発生した事故がきっかけだ。神戸市の路上で小学生の男児の自転車が女性に衝突、女性は意識が戻らない大けがを負った。女性の家族らが起こした損害賠償請求訴訟で、神戸地裁は小学生の母親に対し、計約9500万円の賠償を命じた。

 同県内の交通人身事故の発生件数は減少傾向にあるが、2013年の「人対自転車」の事故件数は175件と、04年に比べ約1.9倍に増加した。神戸市での訴訟のように、高額賠償の判例も増えている。

子を持つ親にも好評

 こうした中、傷害保険と個人賠償責任保険をセットにした自転車保険に加入する人が増えている。

 au損害保険の「あうて ケガの保険バイクル」は、ネット経由で申し込む。破損などで動かない自転車を自宅などへ無料搬送するロードサービス(20km以内)を導入。被保険者が自転車でけがを負ったり、負わされたりした場合は、死亡や入院・通院補償額が2倍になる。「保険料が割安な2年契約も好調」と同社広報。初めて加入する身近な保険として、子供を持つ20代~30代の親から人気を集める。

 三井住友海上火災保険はコンビニ(セブン-イレブン)店頭で加入手続きする「自転車向け保険」と、ネット申し込みの「ネットde保険@さいくる」がある。加入者は「30代~40代が多く、自転車が趣味の男性や子供を持つ女性が多い」という。全労済も傷害保険に個人賠償責任保険などを加えた「こくみん共済傷害安心タイプ」を展開する。

 NTTドコモは携帯電話加入者を対象に、昨年3月に「ドコモ サイクル保険」を開始。賠償責任補償額は「高額賠償でも個人ならまず対応できる額」(広報)として2億円にした。保険料は月額払いで「手軽に始められる」と好評という。

「シニア層は元気」 被保険者年齢の引き上げも

 加入契約者や被保険者には年齢制限がある。au損保は2013年、被保険者本人になれる年齢を64歳から74歳へ引き上げた。「シニア層は元気で自転車を使う人も多い」(広報)ためだ。

 日本損害保険協会によると、自転車事故で加害者となった際に対応できる個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険の特約として用意される場合が多い。また、個人賠償責任保険を付帯したクレジットカードもある。自動車や住宅の保有者は保険内容と補償範囲を確認した方がいい。

産経ニュース

◇         ◇

 共栄火災海上保険が、自動車保険の特約として、高額賠償が相次いでいる自転車事故に対応した保険を扱うことが分かった。けがや物損の賠償金を補償し、最大で2億円の保険金を支払う。4月1日から補償を始める。

 月1500円を自動車保険料に上乗せする。契約者自身や家族のけがを補償する特約とのセットは月3500円となる。(共同)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載