参加人数枠をさらに拡大へ「ツール・ド・東北 2015」9月13日に開催決定 気仙沼~石巻の片道コースを新設

  • 一覧
「ツール・ド・東北2014」で疾走する参加者 =宮城県女川町(共同)「ツール・ド・東北2014」で疾走する参加者 =宮城県女川町(共同)

 東日本大震災の被災地復興を支援するサイクリング大会「ツール・ド・東北」の2015年大会が、9月13日(日)に開催されることが決まった。大会を主催する河北新報社とヤフーが2月2日に発表した。第3回を迎える今年の大会は、参加人数枠をさらに拡大し、新たに気仙沼市をスタートして石巻市でゴールする片道(ワンウェイ)コースが設けられる。大会の詳細は4月に発表予定。出走エントリーや、大会運営ボランティアの募集は、5月に開始予定だ。

 「ツール・ド・東北」は、一人でも多くの人に被災地に訪れてもらい、自転車を通して東北の魅力や現状、復興への道のりを感じてもらうことを目的に開催。毎年大会規模を発展させながら、10年程度継続して開催することを目標としている。2013年の第1回大会は1316人、昨年の第2回は2959人と、多くのライダーが参加した。

スタート前に黙祷を行なう参加者(大星直輝撮影)スタート前に黙祷を行なう参加者(大星直輝撮影)
気仙沼向洋高校跡地の近くを走る参加者たち (写真:ツール・ド・東北2014 実行委員会)気仙沼向洋高校跡地の近くを走る参加者たち (写真:ツール・ド・東北2014 実行委員会)

中級者以下にうれしい片道コース

 今年は参加枠をさらに拡大するとともに、片道コースが新設される。昨年はメーン会場の石巻専修大学をスタート・ゴールとする4つの周遊コース(60km、100km、170km、220km)が設けられていたが、石巻市から距離の離れた南三陸町や気仙沼市を走行するためには、上級者向けの170kmか220kmのコースに参加する必要があった。新設の気仙沼市をスタートする片道コースでは、周遊コースのおよそ半分の距離で済むため、より多くの参加者が南三陸町や気仙沼市を走行できるようになる。

 エイドステーション(休憩所)で地元のグルメが数多くふるまわれるのもこの大会の魅力だ。メーン会場となる石巻専修大学では大会期間中、参加ライダーの同行者や地元の人たちも楽しめるイベントを実施予定という。

応援してくれる沿道の人たちと信号待ちの間に触れ合う参加者(大星直輝撮影)応援してくれる沿道の人たちと信号待ちの間に触れ合う参加者(大星直輝撮影)
エイドステーションで、採れたて焼きたてのホタテを「いただきます」(大星直輝撮影)エイドステーションで、採れたて焼きたてのホタテを「いただきます」(大星直輝撮影)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載