1歳から中学生まで85人が参加「ウィーラースクール in 前橋」で子供たちが自転車体験 トラックで集団走行やリレーも

  • 一覧

 今年で7回目を迎えた子供向け自転車教室「ウィーラースクール in 前橋」が、前橋競輪などが行われる多目的施設、ヤマダグリーンドーム前橋で1月24日に開催された。1歳から中学生まで、県内外から85人の子供たちが集まった。一本橋渡りにチャレンジしたりトラックを走ったりと、競技場のなかを駆けまわりながら自転車を楽しんだ。

ロードレース選手らの指導を受けながら、子供たちは300mのトラックで集団走行を体験したロードレース選手らの指導を受けながら、子供たちは300mのトラックで集団走行を体験した

 ウィーラースクール in 前橋は、地元出身のプロロードレーサー、狩野智也選手を「校長」として講師に迎え毎年開催されている。この日は他にも、狩野選手がキャプテンを務める新しいJプロツアーチーム「群馬グリフィン レーシングチーム」の選手たちや、自転車普及協会の栗村修さん、那須ブラーゼンの清水良之監督と岩井航太選手、日本競輪選手会群馬支部の選手たちが講師を務めた。

ウィーラースクール in 前橋の「校長」を務める狩野智也選手ウィーラースクール in 前橋の「校長」を務める狩野智也選手
講師を務めた栗村修さんの先導でトラックを走る子供たち講師を務めた栗村修さんの先導でトラックを走る子供たち

 子供たちは一本橋から外れないようにゆっくり渡ったり、カラーコーンを使ってスラロームや8の字に走ったりというメニューを反復練習。300mのトラックを使っての集団走行や、タイムトライアル、リレーといった種目にも挑戦しながらスポーツとして自転車を楽しんだ。また、競輪選手やロードレース選手たちの模擬レースもトラックで行われ、目の前で繰り広げられる迫力のレースに、子供たちからは大きな声援が飛んでいた。

子供たちは一本橋に何度も挑戦しながら走行技術をアップ子供たちは一本橋に何度も挑戦しながら走行技術をアップ
参加者全員が4チームに分かれてリレーを行った参加者全員が4チームに分かれてリレーを行った
栃木県足利市から参加した(左から)父親の雅和さん、暖弥君、祐仁君、亮太君栃木県足利市から参加した(左から)父親の雅和さん、暖弥君、祐仁君、亮太君

 川岸祐仁(ゆうと)君、亮太君、暖弥(はるや)君の兄弟3人は、栃木県足利市から参加。去年も参加した祐仁君と亮太君が「また行きたい」と希望したことで参加を決めたという。祐仁君は「自転車が好き。リレーが楽しかったです」と感想を語った。3歳の暖弥君は年代別のタイムトライアルで2位に入り、賞品の菓子パンを片手に「これもらったんだよ」とニコニコしていた。

会話を交えながら交通ルールを子供たちに教えるブラッキー中島さん会話を交えながら交通ルールを子供たちに教えるブラッキー中島さん

 ウィーラースクールを主催するブラッキー中島さんは日本各地で自転車教室を開いているが、競輪場のような大きな会場を使えるのは珍しいことだという。「きょう来た子供たちには、基礎的な練習はもちろん、スポーツとして自転車と触れ合ったり、真剣に競い合ったりという体験をしてもらうことができた。競輪場は交通環境に気を配らずに練習できる。競輪以外にも教育の場として使ってもらいたい」と語った。

一人ずつ出走するタイムトライアルに、みんな真剣な表情一人ずつ出走するタイムトライアルに、みんな真剣な表情
タイムトライアルで年代ごとに表彰された上位3人と講師陣タイムトライアルで年代ごとに表彰された上位3人と講師陣
参加した子供たちと講師陣みんなで記念撮影参加した子供たちと講師陣みんなで記念撮影

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ウィーラースクール セーフティーライド 群馬グリフィン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載