大会・イベント情報2015「サイクリング屋久島」エントリー受付延長 モゼール氏と一緒に世界遺産の島を走ろう!

  • 一覧
西部林道を駆け抜ける参加者(2014年大会)西部林道を駆け抜ける参加者(2014年大会)

 世界遺産の島・屋久島で2月15日に開催される「2015サイクリング屋久島」の申し込み受付が、1月27日(火)まで延長された。今年の大会には、イタリアの伝説的ロードレーサー、フランチェスコ・モゼール氏が参加するほか、ゲストライダーとしてお笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田さんと、元体操選手でタレントの池谷幸雄さんが走ることも決まっている。憧れの元選手や有名人と一緒に、冬でも温暖な屋久島で大自然を楽しむチャンスだ。

 モゼール氏はジロ・デ・イタリア総合優勝(1984年)、ツール・ド・フランス初代新人賞(1975年)、パリ〜ルーベ3連覇(1978~80年)など輝かしい戦績を誇る元世界的レーサー。1時間どれだけ速く走り続けられるかを競う「アワーレコード」でも、当時の世界記録51.151kmを達成した。今回、大会関係者との親交から来日が実現。イタリアでワイナリーを経営する長男と共に、屋久島を巡るコースを疾走する。

フランチェスコ・モゼール氏フランチェスコ・モゼール氏
団長安田さん(左)と池谷幸雄さん団長安田さん(左)と池谷幸雄さん

 芸能人サイクリストとして有名な団長安田さんは、2年ぶりの参加。池谷さんは自転車で初めて屋久島を走ることを楽しみにしているという。

菜の花が咲いたコースを走る参加者たち(2014年大会)菜の花が咲いたコースを走る参加者たち(2014年大会)

 サイクリング屋久島は、世界自然遺産にも登録された島を一周する100kmのコースを中心とするエコライド大会。順位やタイムを競うのではなく、自分のペースで走りながら屋久島を楽しむイベントだ。ショートコース(50km)もあるほか、今年からはファミリーの部(20km)も設けられ、経験豊富なサイクリストだけでなくビギナーや家族連れも参加しやすくなった。

■「2015サイクリング屋久島」大会概要

【タイトル】2015サイクリング屋久島  <太古の森を感じて世界自然遺産の島でエコライド>
【開催日】2015年2月15日(日)※雨天決行
【申込締切】2015年1月27日(火)
【会場】
◇屋久島一周100キロの部(スタート/フィニッシュ:尾之間・すこやかふれあいセンター)
◇ショートコース50キロの部(スタート:永田 → フィニッシュ:尾之間・すこやかふれあいセンター)
◇NEW! ファミリー20キロの部(スタート:栗生 → フィニッシュ:尾之間・すこやかふれあいセンター)
【参加資格】小学校5年生以上の健康な男女で大会規則を順守し、本コースを制限時間内で完走できる走力を有する者
【参加料】
◇島一周(100キロ)の部:大人9,500円、小学生4,000円(いずれも税込)
◇ショートコース(50キロ)の部:大人6,500円、小学生3,000円(いずれも税込)
◇ファミリー(20キロ)の部:大人3,000円、小学生1,500円(いずれも税込)
※高校生以下は保護者の同意、小学生は保護者同伴申し込みが必要です。
※大人は中学生以上の参加資格となります。
【主催】公益社団法人屋久島観光協会、屋久島町、サンケイスポーツ
【申込方法】スポーツ エントリーから

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント サイクリング屋久島 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載