バイクインプレッション2015「NEILPRYDE NAZARÉ2」 反発力と推進力が向上、リズミカルに伸びるエアロロード

  • 一覧

 ヨット競技で培われた最先端カーボン技術とデザイン力を駆使して4年前、エアロダイナミクスに優れた機能的で美しいバイクをリリースし、瞬く間にその存在感を世界のバイクフリークに知らしめたニールプライド。当時のフラッグシップ機「アリーゼ」は「ナザーレ」と名称を変え、今期はさらに「ナザーレ2」としてバージョンアップを果たした。最高級素材であるNEILPRYDE C6.9UDカーボンを使用し、最高のエアロダイナミクス性能を追求した「ナザーレ2」を試乗した。

NEILPRYDE NAZARÉ2(ニールプライド ナザーレ2)NEILPRYDE NAZARÉ2(ニールプライド ナザーレ2)

NEILPRYDE NAZARÉ2(ニールプライド ナザーレ2)
価格:349,800円(フレーム、税抜)
   449,800円(アルテグラ完成車、税抜)
   599,800円(デュラエース完成車、税抜)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:BLACK / RED / WHITE – GLOSS、BLACK / BLUE / WHITE – MATT(デュラエース完成車)
問い合わせ先:ジオライドジャパン http://www.neilprydebikes.jp/

スペック

フレーム:NAZARE2 – C6.9 TORAY UD
フォーク:NAZARE2 – C6.9 TORAY UD (1-1/8 to 1-1/4)
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:ROTOR・3D+クランク 52×36T、11-25T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシング3
重量:7.15kg(Mサイズ完成車)、920g (L/56cm)

シートチューブはダウンチューブと仮想的につなげ、カムテール形状を作り空気抵抗を軽減シートチューブはダウンチューブと仮想的につなげ、カムテール形状を作り空気抵抗を軽減
ダウンチューブとフロントフォークを一体的にデザインし、前輪の回転による乱流を低減。ダイレクトマウントブレーキも採用するダウンチューブとフロントフォークを一体的にデザインし、前輪の回転による乱流を低減。ダイレクトマウントブレーキも採用する
リアブレーキも、BBの後ろに付くダイレクトマウントブレーキを採用リアブレーキも、BBの後ろに付くダイレクトマウントブレーキを採用

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

松尾 ボクが普段乗って、なれ親しんでいるナザーレの進化版ということで、この試乗は楽しみでした。コンセプト通り、高いエアロ性能を感じつつも、軽さを生かして上りもこなせるオールラウンドのバイクに仕上がっていると思いました。

米山 見た目のボリュームから察するよりも軽量なフレームだね。試乗車の重量は7kgをわずかに超えたけれど、フルカーボンリムのホイールに変えたらすぐ6kg台になるだろう。それに、やや硬めだなと感じた剛性感も落ち着くはず。

松尾 そうですね。剛性感は前作と変わらず良くて、加えて反発力と推進力が増したように思いました。走るとリズミカルで良いイメージです。ペダリング毎に反発感を強く感じて、それで脚が回るので軽快です。低速でも、高速でスプリントを掛けても、この特性が生きていて気持よく走れました。

米山 たしかに、加速のスムーズさは好印象だった。発進加速よりも、中速からの伸びが良かった。

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm

松尾 そうですね、踏んだ瞬間の加速感というよりは、伸びを感じられる特性が強いです。唯一気になったのはワイヤの取り回しで、ダンシングのときに擦れます。見た目もDi2でスッキリまとめたほうがいいかもしれません。乗り味は前作譲りで前後バランスもよく、特に悪いところは見当たらないです。

米山 ワイヤの取り回しはスッキリしているとは言いがたいから好き嫌いは出るね。でもまぁ、安定性の高さや、横風の影響も受けにくい設計など、良いフレームなのは確か。ただ、個人的な好みとしては硬さがあまり好みではなかったな。

松尾 上りでは縦剛性の高さが気になるところはありましたね。でも反発力も強いので、そこまで脚が疲れることはなさそうだと思いますよ。

米山 万能といえる特性だから、あとは高いエアロダイナミクス性能を存分に発揮できるシーンで乗るとさらに良いだろうね。

松尾 ええ。TTハンドルを取り付けても収まりが良いバイクなので、トライアスロンに取り組む人や、これからやってみたいという人にもピッタリですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクニールプライド(NEILPRYDE)のロードバイク

30~50万円 50万円~ ニールプライド バイクインプレッション フレームセット ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載