バイクインプレッション2015「RÉVE ALTITUDE」 チームUKYOのフィードバックを活かして誕生した夢の軽量カーボンフレーム

  • 一覧

 フランス語で夢という意味を持つレブの新モデル「アルティチュード」は、世界に挑戦する日本人のためのレーシングフレームとして、元F1ドライバーの片山右京氏が主宰するサイクルロードレースチーム「チームUKYO」の活動をフィードバックし、誕生した。高剛性と軽量性を理想的に両立させることを可能とするEPS(Expanded Poly Styrene)工法を採用し、電動とメカニカルに両対応する。BBの規格はメジャーな4タイプから選択ができ、フレームサイズは450〜600まで、8サイズと豊富だ。

RÉVE ALTITUDE(レブ アルティチュード)RÉVE ALTITUDE(レブ アルティチュード)

RÉVE ALTITUDE(レブ アルティチュード)
価格:298,000〜円(フレーム、税抜)
サイズ:450、480、500、520、540、560、580、600
カラー:ホワイト/レッド、Team UKYO ブラック(+20,000円)
問い合わせ先:ゼンリンデータコム http://reve-bike.com/

スペック

フレーム:レブ ウルトラライト コンポジット
フォーク:レブ ウルトラライト コンポジット、フルコンポジット
変速機:スラム・レッド(F)&(R)
ギア:スラム・レッド 53×39T、11-25T(11s)
ホイール:トーケン・T55カーボンチューブラー
重量:6.30kg(480サイズ完成車実測値)

フォークブレードとコラム部分を一体成型したカーボンコンポジットフォークは、軽量で高剛性に仕上げらてれいるフォークブレードとコラム部分を一体成型したカーボンコンポジットフォークは、軽量で高剛性に仕上げらてれいる
均一で高密度な圧縮成型のEPS工法によって、軽量さと剛性を兼ね備えたフレームは、単体で830g(500mmサイズ)という軽さだ均一で高密度な圧縮成型のEPS工法によって、軽量さと剛性を兼ね備えたフレームは、単体で830g(500mmサイズ)という軽さだ
基本BBはBSA仕様となっているが、アップチャージでBB30、PF30、BB86の選択も可能基本BBはBSA仕様となっているが、アップチャージでBB30、PF30、BB86の選択も可能

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 2014年春に発表された入門用のアルミフレームに続き、いよいよRÉVEから本格的なレース用のフレームが登場した。「Altitude=高度、標高」という名にふさわしく、ヒルクライムに適した軽さをテーマにしたバイクだね。

松尾 軽量フレームに、パーツもそれを引き立てる軽量なものがチョイスされていたので、この試乗車は6.30kgです。

米山 重量的な軽さは十分だ。走ってみてどうだった?

松尾 剛性は高すぎず低すぎずという印象でした。コラム部分からフォークブレードまで一体成型されているというフロントフォークがしっかりしていたので、ペダリング、ハンドリング共に安定していましたね。

米山 そうだね。剛性に関しては過度な主張は受けなかった。硬すぎず、必要十分という感じ。全体のバランスは標準的でスタビリティも悪くない。ただ今回は試乗車サイズが、われわれの身長からすると小さめだった。コーナーでややアンダーステアな印象なども含めて、ジャストサイズで乗るとまた印象は変わると思う。

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm

松尾 同感です。今回の構成だとボクはバランスが悪く感じましたが、バイクサイズが適正で、なおかつ剛性の高いステム類とホイールがアッセンブルされていたので、そこを変えるとチグハグな印象が落ち着くのではないかと思います。

米山 なるほどね。軽量なフレームだけに、全体のバランスはよく調整しないと差を感じやすいかもしれない。完成車販売ではないので、パーツのチョイスはよく考えたいね。

松尾 とはいえ、フレームの素性は悪くなく、ハンドリングも安定し、フロントに荷重をかけて発進してもリヤがしっかりと食ってトラクションがかかるのでオールラウンダーなバイクに仕上げられると思います。

米山 うん。フレームの軽さは加速にも良い影響を出していたし、適度な踏み心地の良さもあった。快適性も良かったと思うよ。まだデビューしたてのバイクで、まったく実績がないのだけが問題だけど、それはこれから作られていくだろう。

松尾 そうですね。これからレースを始める人にも扱いやすいので、フレームの特性を活かしてヒルクライムやホビーレースで上位を目指すと良いと思います。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク

20~30万円 ゼンリンデータコム バイクインプレッション フレームセット レブ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載