米の家電見本市「インターナショナルCES」に登場ペダルが発信する愛車の現在地 自転車盗難防止の新しいソリューション

  • 一覧
インターナショナルCESに出展された「Connected Cycle pedal」インターナショナルCESに出展された「Connected Cycle pedal」

 移動手段に自転車を使う人にとって怖いのは盗難。特に高価なロードバイクで走りに出かけた時などには、停めている間に盗まれないかどうかと心配ですよね。米ネバダ州ラスベガスで1月6日から9日にかけて開催された世界最大規模の家電見本市「インターナショナルCES」で、フランスの「Connected Cycle」が、そんな盗難の不安を解消する「Connected Cycle pedal」を発表しました。

 Connected Cycle pedalは、ペダル自体が位置情報を記録し、自転車を盗まれる(動かされる)と利用者に通知するというもの。位置情報は常に記録され続けるので、ペダルがセットされた自転車が走行した経路や駐輪位置を知ることができます。

記録された情報はスマホアプリで確認することができる記録された情報はスマホアプリで確認することができる
システムの稼働にはペダルの回転で発電させたパワーを使うシステムの稼働にはペダルの回転で発電させたパワーを使う

 また経路のほかにも、速度や勾配、消費カロリーを自動で記録。記録された情報は、スマホの専用アプリを使い同社のクラウドサーバー経由で確認することができます。自転車での毎日の走行ログ管理など、ライフログのひとつとして役立てることができそうです。

 ペダルをこぐことで発電されるので、電源やバッテリー残量の心配は不要。さらにペダル自体に通信機能が搭載されているため、Wi-FiやBluetoothの接続を気にする必要もありません。盗難や紛失でスマホから遠く離れた場所にあっても、利用できますね。

Connected Cycle pedalのカラーラインナップは全5色Connected Cycle pedalのカラーラインナップは全5色

 メインの素材はアルミで、サイドには反射材付き。カラーは鮮やかな5色をラインナップしています。発売は2015年の中頃を予定し、価格や発売される国は未定です。

産経アプリスタより)

関連記事

この記事のタグ

スマートフォン 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載