子供たちがパワー測定に挑戦「シエルヴォ奈良」など3競技のチームが合同ファン感謝デー 家族連れら300人と交流

  • 一覧
ロードバイクでパワー測定に挑戦する児童ロードバイクでパワー測定に挑戦する児童

 プロ自転車ロードレースチーム「シエルヴォ奈良」と日本プロバスケットボールリーグ「ターキッシュエアラインズbjリーグ」の「バンビシャス奈良」、サッカー関西リーグ1部の「奈良クラブ」の3プロチームが23日、奈良市中央体育館で初の合同ファン感謝デーを開いた。

 市民らにトップアスリートと交流してもらおうと、市スポーツ振興課が主催。奈良市は今年から、スポーツの振興を目指して3プロチームを「パートナー」に認定している。

 この日は家族連れら約300人が参加。イベントの冒頭で、関西1部リーグで今季優勝し、JFL(日本フットボールリーグ)への昇格が決定した奈良クラブの矢部次郎ゼネラルマネジャー(GM)が「地域のサポーターの皆さんのおかげで優勝することができた」とあいさつ。観客らから拍手が起こった。

選手らのアドバイスを受けながらフリースローに挑戦する子供たち選手らのアドバイスを受けながらフリースローに挑戦する子供たち

 その後、子供たちは選手らにリフティングやフリースローを教えてもらうなど交流を深めた。生駒市立あすか野小学校2年、大久保天陽君(8)は、プロ用のロードバイクでパワー測定に挑戦。「ペダルをこぐのはしんどかったけど、選手から『頑張ったね』といわれてうれしかった」と笑顔だった。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載