初戦はアルゼンチンのツール・ド・サンルイスクネゴら全選手が参加 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザが1次キャンプを実施

  • 一覧

 日本の道路舗装最大手企業「NIPPO」がスポンサーを務めるサイクルロードレースチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ」が、イタリア籍のプロコンチネンタルチームとしてUCI(国際自転車競技連合)への登録手続きを完了した。また2015年1月の来シーズン開幕を控え、所属選手が全員参加する第1回目のトレーニングキャンプが12月12日から20日まで、イタリア中部のアドリア海沿いの街、オルトーナ近郊で行なわれている。

(レポート/ チームNIPPO総括監督 大門宏)

測定を受けるチームキャプテンのダミアーノ・クネゴ(イタリア)測定を受けるチームキャプテンのダミアーノ・クネゴ(イタリア)

1月のシーズン開幕を見据えるキャンプ

測定を受ける黒枝士揮。さまざまな装置を使って、多方向から選手のデータを採取する測定を受ける黒枝士揮。さまざまな装置を使って、多方向から選手のデータを採取する

 このキャンプに日本人は山本元喜、石橋学、黒枝士揮の3選手に、スタッフとして監督の大門宏(マネージャー兼任)、メカニックの西勉と、研修期間を経て新規採用となった福井響が参加。キャンプでは、身体検査、能力測定、ニューバイク(デローザ「プロトス」チームエディション)のフィッティング、写真撮影など、2015シーズンのレース活動に向けての基礎となるプログラムが多く組み込まれ、1月のシーズン開幕から万全の体制で実戦に向き合う環境を整える。

 第1回目のトレーニングキャンプで最も大切なことは、スタッフを含む新しいチームメンバー間で、お互いのコミュニケーションを深めることだ。約半数の選手、スタッフは2014シーズンの「ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ」からの継続だが、新たにキャプテンを務めるダミアーノ・クネゴ(イタリア)ら新加入の選手も少なくない。

 チームの運営陣もマーケティングを重視したフランチェスコ・ペロージ氏がゼネラルマネージャーに就任するなど、チームの規模が拡大したことで、監督、メカニック、マッサージャー等のスタッフが大きく入れ替わった。

詳細なメディカルチェック 反ドーピングへの取り組みも継続

DEXAを使って骨密度など骨の状態をチェックする石橋学。継続選手は昨年のデータとの比較も行うDEXAを使って骨密度など骨の状態をチェックする石橋学。継続選手は昨年のデータとの比較も行う

 チームは昨シーズンから引き続き、キエーティ・ペスカーラ大学スポーツ医学研究所と提携し、選手たちは2日かけて詳細なメディカルチェックを受けた。血液データだけでなく、心肺機能や骨密度、メンタルトレーニングに備えた脳波のチェックなど、様々なデータを採取し、専門医師の解析のもとトレーニングメニューやレースでの戦い方に反映させていく。

 またMPCC(信用ある自転車競技を目指す運動)への賛同も継続。プロコンチネンタルチームに義務化されているバイオロジカルパスポートのルールを尊重しながら、断固としてドーピングを認めない姿勢で戦いに挑む。

 今後は年明けの1月8日から18日まで、アブルッツォ州のペスカーラで第2回目のトレーニングキャンプに入り、期間中の1月10日には、メーンスポンサーであるファルネーゼ社の所在地、オルトーナでチームプレゼンテーションを行う。

 チームの初戦は、1月20日から26日まで、南米アルゼンチンで開催される「ツール・ド・サンルイス(UCI2.1)」となる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載