「今後、事故を起こす可能性が高い」と判断危険ドラッグを吸引して自転車運転の男性に運転免許停止処分 千葉県公安委員会

  • 一覧

 危険ドラッグを吸って自転車に乗ったとして、道交法違反(過労運転等)罪で罰金の略式命令を受けた千葉県松戸市の男性(29)に対し、将来薬物の影響で自動車事故を起こす恐れがあるとして、千葉県公安委員会が90日以上の運転免許停止処分としていたことが12月17日、県警への取材で分かった。処分は16日付。

 千葉県警などによると、男性は9月、危険ドラッグを吸って東京都墨田区の区道を自転車で走っていて、転倒し首を負傷。警視庁に逮捕され、10月に東京簡裁から罰金20万円の略式命令を受けて即日納付した。危険ドラッグ吸引後の自転車運転に同罪を適用した初のケースだった。

 男性は常習的に危険ドラッグを吸っていたとみられることから、千葉県公安委は、車で今後、事故を起こす可能性が高いと判断した。

 男性は逮捕時は東京都台東区在住だったが、その後、松戸市に転居した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載