心拍数をアンダーウエアで計測スマホでトレーニング支援「ランタスティック for ドコモ」 ロードバイク版も登場

  • 一覧
自転車での使用時も心拍数などを手軽に計測できる「Runtastic Road Bike」 =2014年9月30日のドコモ新商品・サービス発表会自転車での使用時も心拍数などを手軽に計測できる「Runtastic Road Bike」 =2014年9月30日のドコモ新商品・サービス発表会

 NTTドコモは、着ているだけで心拍数などが測定できる機能素材「hitoe」を活用したトレーニング支援サービス「Runtastic for docomo」(ランタスティック・フォー・ドコモ)をリリースした。ランニングやウォーキング向けの「Runtastic」、ロードバイク走行時の計測を行う「Runtastic Road Bike」のほか、下半身強化、腕立て伏せなど合わせて6種類のアプリと、アプリ内の30のトレーニングプランが月額350円(税抜き)で利用できる。

 「Runtastic for docomo」はオーストリアに拠点がある「Runtastic」とドコモが共同で開発した。「Runtastic」はフィットネスアプリの最大手で、全世界で1億ダウンロード、ユーザーは4500万人に上る。

走行距離に応じてドコモポイント付与も

 ドコモが展開するサービスはアプリ単体での利用が基本となるが、ゴールドウィンが販売する「hitoe」を装備したウエア型の計測用デバイス「C3fit IN-pulse(シースリーフィット インパルス)」シリーズに対応。ランニングやサイクリングなどのトレーニング時に計測したデータを手軽に記録・管理できる。

「Runtastic for docomo」に対応したウエア型デバイス「C3fit IN-pulse」「Runtastic for docomo」に対応したウエア型デバイス「C3fit IN-pulse」

 長時間のトレーニング時の着用でも違和感がなく、位置がずれることもないので、心拍数を正確に計測できる。

 心拍数の推移、走行距離、消費カロリーなど蓄積されたデータは、スマートフォンやウェブページから手軽に確認できる。詳しく分析したり、指導を受けたり、仲間と共有することができるのも「Runtastic for docomo」の特徴の1つだ。さらにランニング、レースサイクリングの月間走行距離に応じてドコモポイントが付与されるサービスもあり、飽きずに続けられそうだ。

「ホノルルマラソンEXPO」でも高い注目

ドコモダケも登場した「ホノルルマラソンEXPO」のNTTドコモのブース =米ハワイ州ホノルルドコモダケも登場した「ホノルルマラソンEXPO」のNTTドコモのブース =米ハワイ州ホノルル

 米ハワイ州ホノルルで12月14日(日本時間15日)行われた第42回JALホノルル・マラソン。その本番前に現地で開催された「ホノルルマラソンEXPO」にNTTドコモがブース出展し、「Runtastic for docomo」をPRした。ブースには大会本部でゼッケンを受け取った出場者らが次々に立ち寄り、新サービスに関心を示した。

 マラソン出場者らは、「チェストバンドタイプに比べて、ウエア一体型なので便利そうだ」「自分の心拍がどう出るのか興味がある。試してみたい」と興味津々。「トレーニングアプリを使ったことがなかったが、基本機能がすごい」と充実した機能面にも注目していた。

「Runtastic for docomo」が注目を集めたNTTドコモのブース =米ハワイ州ホノルル「Runtastic for docomo」が注目を集めたNTTドコモのブース =米ハワイ州ホノルル

 また、楽しみながら走りたいファンランナーからは「アプリ内で取った写真も連携できると聞いた。コースを走った記録だけではなく、思い出や記憶も残せるのはとてもいい」という声も聞かれた。

 すでに「Runtastic」を使っている人も「for docomoでもこれまで蓄積されたデータが移行されると聞いたのでとても便利。月額使用料もとてもお得だ」「トレーニングすればするほどドコモポイントがたまる、というのはそそられる」と新サービスを歓迎していた。

(取材協力 NTTドコモ) 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

スマートフォン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載