バイクインプレッション2014「TIME IZON」 ブランドの個性を味わえる、しなやかな推進力が魅力の万能モデル

  • 一覧

 カーボンフレームのスペシャリスト、タイムのフレームラインナップが2015年は刷新された。フラッグシップモデルの「スカイロン」と共に注目のモデルとして登場したのが、セカンドグレードの「アイゾン」だ。レース性能を追求した旗艦モデルに対し、「アイゾン」は、レース性能に対する輪郭はそのままに、万能型に仕上げられた1台。振動減衰システムを搭載した「AKTIV(アクティブ)フォーク」をアッセンブルしたモデルもあるが、国内未入荷のため、今回はまずノーマルタイプを試乗した。

「TIME IZON」(タイム アイゾン)「TIME IZON」(タイム アイゾン)

TIME IZON(タイム アイゾン)
価格:430,000円(フレーム、税抜)
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:FLAMME ROUGE、PLASMA MATT
問い合わせ先:ダイナソア http://www.dinosaur-gr.com/brand/time/

スペック

フレーム:フルカーボンレーシングドライブ、左右非対称チェーンステー
フォーク:IZON用インテグラルRTMフォーク
変速機:カンパニョーロ・スーパーレコード(F)&(R)
ギヤ:カンパニョーロ・スーパーレコード 50×34T、11-27T(11s)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ35
重量:6.35kg(Sサイズ完成車実測値)

ヘッドやBBを含む前三角はモノコック成形となっているが、シートステーとチェーンステーはかつてのカーボンラグ構造を追憶するスタイルだヘッドやBBを含む前三角はモノコック成形となっているが、シートステーとチェーンステーはかつてのカーボンラグ構造を追憶するスタイルだ
ライダーの入力に対して最適な反応を示すため、左右非対称のチェーンステーを採用ライダーの入力に対して最適な反応を示すため、左右非対称のチェーンステーを採用
ラグ構造と変わらない、ボリュームを抑えたシャープなBB周り。規格はBB30を採用するラグ構造と変わらない、ボリュームを抑えたシャープなBB周り。規格はBB30を採用する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する。身長175cm

松尾 タイムは個性が際立つブランドなので、2015年の新作がどのような仕上がりなのか気になっていました。流行のエアロロードは「スカイロン」。「アイゾン」は反応性の高い機敏な万能機とのことですね。

米山 由緒正しきレースバイクブランドには、そのイメージに沿う走りを期待してしまうけど、やっぱりタイムはその勝手な想いに応えてくれる。細身なフレームだけれど、剛性は芯の詰まったような安心感があって、これこそタイムだなんて思ってしまう。

松尾 VXRSを彷彿とさせる乗り味でなかなかでした! フィーリングはタイムらしさが全開で、しなやかなのに伸びのある気持ちが良いバイクでしたね。アイゾンは他のレーシングモデルに比べれば剛性は低いですが、推進力が高いです。踏み込むとしっかり反発して推進力が生まれ、脚にダメージが残らずに進んでくれました。

米山 乗り方の違いか、ボクはゆっくり乗るには固めだと思った。スピードに乗せていくとちょうど良くなってきた。

松尾 でも総合的には疲れそうな固さは感じなかったと思います。ツーリングのような長距離を走っても、フレームが大小問わずしっかりと振動を吸収してくれるので快適性は高いです。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm

米山 なるほど。あと印象的だったのは、上りや平地のちょっとした加速時でのダンシングのフィーリングが良かった。

松尾 ええ。トルクをかけてこじるようなダンシングは得意ではなさそうですが、リズムよく軽快に振って上っていくような、ケイデンスが高めの走り方に合うフレームだと思います。ハンドリングも素直で、さすがタイムのフォークだと感心しました。

米山 フォークといえば、今度は振動吸収性を高める構造を搭載した「AKTIV(アクティブ)フォーク」をセットしたバイクにも試乗してみたいね。興味深い構造なので、どのくらい違うのか興味がある。

松尾 そうですね。このノーマルフォークでのアイゾンは、個人的にはもう少しだけ硬ければとは思いますが、それは更にモノコック構造でエアロ形状のスカイロンが持っているのかなと。とはいえ、アイゾンは見た目にも高級感があり、これまでのタイムのアイデンティティを感じさせ、細身でスタイルが良かったです! タイムといえば、やはりこの形ですね!

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイクタイム(TIME)のロードバイク

30~50万円 タイム バイクインプレッション フレームセット ロードバイク ロングライド向け自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載