title banner

ノルマンディをめぐる序盤3ステージ史上初めてモン・サン・ミシェルでグランデパール ツール・ド・フランス2016開幕地決定

  • 一覧
ツール・ド・フランス2016、グランデパールのポスター。背景にモン・サン・ミシェルが描かれている ©A.S.O.ツール・ド・フランス2016、グランデパールのポスター。背景にモン・サン・ミシェルが描かれている ©A.S.O.

 ツール・ド・フランスを主催するアモリ・スポル・オルガニザシオン(A.S.O.)は現地時間9日昼、2016年に開催されるツール・ド・フランスのグランデパール(開幕地)と序盤3ステージを発表した。ツール103回の歴史において初めて、“西洋の驚異”と称されるカトリックの巡礼地、モン・サン・ミシェル前での開幕が決定した。

 発表には、大会ディレクターのクリスティアン・プリュドム氏と、モン・サン・ミシェルが位置するマンシュ県知事のジャンフランソワ・ルグラン氏が出席。モン・サン・ミシェルの目の前から2016年のツールが開幕することを宣言した。

 モン・サン・ミシェルはフランス北西部、イギリス海峡に面したバス・ノルマンディー地域圏に位置。この地域圏の中でも、西隣のブルターニュ寄りで、ヨーロッパでも特に潮の干満の差が激しい場所にある。起源は8世紀に作られた礼拝堂で、13世紀にほぼ現在の形になってからは、カトリックの聖地として多くの巡礼者を集めている。

 フランス国内でのグランデパールは、コルシカ島ポルト・ヴェッキオで開幕した第100回大会(2013年)以来。離島を除く本土での開幕となると、パッサージュ・デュ・ゴアをスタートした2011年以来となる。

第1ステージはモン・サン・ミシェル修道院前をスタートし、ユタ・ビーチにゴールする188km ©A.S.O.第1ステージはモン・サン・ミシェル修道院前をスタートし、ユタ・ビーチにゴールする188km ©A.S.O.

 2016年大会は7月2日開幕。サン・マロ湾上に浮かぶ修道院前をスタート。海から道路を守るための整備がこのほど行われ、ツール開催時は新道路を選手たちが通過することになる。第1ステージは海沿いを北上するフラットなルートで、サント・マリー・デュモンにあるユタ・ビーチにゴールする188km。最初のマイヨジョーヌ着用者は、スプリンターになることが予想される。

 第2ステージは同県中東部のサン・ローをスタートする。半円を描くようにコースをとり、北部の港町シェルブール・オクトヴィルにゴールする182km。ゴール前3kmは最大勾配14%の急坂で、大会序盤のハイライトになる可能性が高い。

 マンシュ県最終日となる第3ステージは、南西部のリゾート地・グランヴィルをスタートすることが発表されたが、コース、ゴール地点についての詳細は明らかにされなかった。

第2ステージはサン・ローからシェルブール・オクトヴィルまでの182km ©A.S.O.第2ステージはサン・ローからシェルブール・オクトヴィルまでの182km ©A.S.O.
第2ステージ最後の上りのコースプロフィール。最大勾配は14% ©A.S.O.第2ステージ最後の上りのコースプロフィール。最大勾配は14% ©A.S.O.
グランヴィルが第3ステージのスタート地点として発表された ©A.S.O.グランヴィルが第3ステージのスタート地点として発表された ©A.S.O.
マンシェ県で行われる序盤ステージのルートマップ ©A.S.O.マンシェ県で行われる序盤ステージのルートマップ ©A.S.O.

 この発表にあたりプリュドム氏は、「マンシュ県は景観が非常に美しい地域。ユタ・ビーチではスプリンターが活躍し、シェルブール・オクトヴィルではパンチャーが力を発揮するチャンスを秘めた地形だ。我々は第100回ツール(2013年)の舞台でもあったモン・サン・ミシェルで、最初のペダルストロークを行うことを忘れてはいけない」と述べた。

 また、ルグラン知事は「サイクリングの歴史として、ツール・ド・フランスとマンシュ県とが1つになることが証明された。私たちはツールを温かく、情熱的に歓迎することを約束する。その栄誉に預かり、素晴らしいサイクリングの機会を誇りに思っている。2016年の開幕が(マンシュ県で)3ステージにわたり行われるのは、何だか魔法にかかっているようだ」と、喜びを露わにした。

2013年のツール・ド・フランス第11ステージはモン・サン・ミシェルがゴール地点に設定された(砂田弓弦撮影)2013年のツール・ド・フランス第11ステージはモン・サン・ミシェルがゴール地点に設定された(砂田弓弦撮影)

 マンシュ県では過去23回ツールのステージを実施し、数々の激闘が繰り広げられたが、グランデパール招致は初めて。直近では2013年の第100回大会第11ステージで、モン・サン・ミシェル前にゴールする個人タイムトライアル(33km)を実施。このときはトニー・マルティン(ドイツ、オメガファルマ・クイックステップ)が勝利し、12秒差で続いたクリストファー・フルーム(イギリス、当時スカイ プロサイクリング)が総合優勝に大きく前進したステージでもあった。

 なお、大会全体のコースプレゼンテーションは2015年10月20日に開催。第3ステージ以降の詳細は、そこで明らかになる予定だ。

■ツール・ド・フランス2016 コース
7月2日 第1ステージ モン・サン・ミシェル~ユタ・ビーチ(サント・マリー・デュモン) 188km
7月3日 第2ステージ サン・ロー~シェルブール・オクトヴィル 182km
7月4日 第3ステージ グランヴィル(コース、ゴール地は2015年10月に発表)

文 福光俊介

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載