泥も付着したまま保管ツール覇者のニバリが石畳ステージを走ったバイクを特別展示 スペシャライズド・ラウンジ

  • 一覧

 スペシャライズド・ジャパンは、今年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)が、7月9日に石畳(パヴェ)の難コースで争われた第5ステージで使用した悪路仕様のロードバイク「S-WORKS ROUBAIX SL4」(Sワークス ルーべSL4)の実車を、同社の本社(神奈川県厚木市)にある「スペシャライズド・ラウンジ」で特別展示している。

ツール・ド・フランス2014の第5ステージで、石畳の悪路を駆け抜けるヴィンチェンツォ・ニバリと、スペシャルなロードバイク「Sワークス ルーべSL4」 ©BrakeThrough Mediaツール・ド・フランス2014の第5ステージで、石畳の悪路を駆け抜けるヴィンチェンツォ・ニバリと、スペシャルなロードバイク「Sワークス ルーべSL4」 ©BrakeThrough Media

 ニバリは普段、ロードバイクのオールラウンドモデル「S-WORKS TARMAC」(ターマック)を愛用しているが、第5ステージに限っては悪路に強い衝撃吸収機構搭載のルーべSL4を使用。このステージを3位で乗り切ってリーダージャージ「マイヨジョーヌ」を守り、最終的に総合優勝をもぎ取った。

「スペシャライズド・ラウンジ」に展示されている、ニバリが使用した「Sワークス ルーべSL4」「スペシャライズド・ラウンジ」に展示されている、ニバリが使用した「Sワークス ルーべSL4」
石畳ステージの泥が付着したまま保管されている石畳ステージの泥が付着したまま保管されている

 このバイクは米国本社で保管、展示されてきたが、今回、特別に日本での展示を許され、巨大な木箱に入ってやってきた。BB付近に付着した泥が雨のコースでのレースを物語り、米本社からは「洗車をせずに保存状態を維持せよ」との指示があったという。展示は2月中旬までの予定。


■スペシャライズド・ラウンジ
スペシャライズド契約アドバイザーの竹谷賢二さんがプロデュースする、スポーツバイク愛好家のため­の体験型ハブ施設。スペシャライズド製品の展示、(バイク以外の)製品の販売、バイクのフィッティング(ボディージオメトリー・フィット・ウィズ・リトゥール)、最新モデル試乗、プライベートレッスンなどのサービスを総合的に展開している。
【住所】神奈川県厚木市中町3-13-5
【営業時間】<平日>13時~20時 <土日>12時~18時 <月、火休業(年末年始除く)>

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

スペシャライズド ツール・ド・フランス2014

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載