イベントレポートコースを巡る「応援VIPカー」も登場 第5回TCFエンデューロは日体大が総合優勝

  • 一覧

 静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター(CSC)で12月7日、3時間と5時間の耐久レース「第5回TCFエンデューロ」が開催され、5時間の部は日本体育大学チームが総合優勝を飾った。

気持ちのよい晴れ空のなかで行なわれた「第5回TCFエンデューロ」気持ちのよい晴れ空のなかで行なわれた「第5回TCFエンデューロ」

4年生の2人にとって“有終の美”

 「このユニフォームでの最後のレースを飾れました!」

優勝した日体大チームの5人のメンバー優勝した日体大チームの5人のメンバー

 日体大は4年、2年、1年生から成る5人のチームで出場。「引退はしたけれど、卒業まで練習しようとエントリーしました」と4年生の河内一晟さんと松本耀介さん。「インカレもここだったんですが、勝てなくて。このユニホームで走るのはこれで最後なので、いい内容のレースができ、思い出になって楽しかったです」と勝利の喜びをかみ締めていた。賞金10万円は「部のテントを買います!」

 一方、序盤から最終周回まで日体大と接戦を繰り広げ、僅差で敗れた日本大学自転車部チームの面々も、表彰台の5人に「いいなあー!」「うらやましいなあー!」と口々に友情のこもった祝福の言葉を送った。

序盤から互いを意識しあう日体大と日大序盤から互いを意識しあう日体大と日大
日体大のピット日体大のピット
日大のピット。選手交替もチームプレーが重要日大のピット。選手交替もチームプレーが重要
終盤もつかず離れずのデッドヒート終盤もつかず離れずのデッドヒート
ゴールスプリントを僅差で日体大が制した!ゴールスプリントを僅差で日体大が制した!

「特別賞」は参加者の誰もが対象

 大会はTCF(東京都自転車競技連盟)が主催。CSCのロードコースでの走行を満喫できる冬のロードイベントで、5回目となる今年は5時間の部・3時間の部あわせて89チーム158人がエントリーした。

 特設コースのレイアウトは、アップダウンの激しい5kmサーキットに、足を休められる区間として比較的平坦な1kmサーキットをつなげた1周6.2km。中学1年生から50代までの参加者が、自分たちのペースで周回を楽しんだ。

 3時間の部で1万円の総合優勝賞金を勝ち取ったのは2人組の「多摩ポタ」。また、参加者の誰もが対象となる特別賞は、女子ソロトップの原華子さんが「素敵で賞」、中学生3人のチーム「ジュニアアスリート」が「スポーツマンシップ賞」などを受賞した。

 メーンスタンド前のピットエリアには約30台の参加者の車が並び、ランチを楽しみながら仲間を応援する姿も。

3時間の部を制した「多摩ポタ」チーム3時間の部を制した「多摩ポタ」チーム
ピットエリアの仲間のもとへ向かうピットエリアの仲間のもとへ向かう

応援VIPカーはロードレース観戦の新境地

 また、今年はコース上を周回する応援専用車両「応援VIPカー」が用意された。希望者は交代で座席に乗り込み、仲間の選手を追走、並走しながら撮影や応援を楽しんだ。なかには「子供がずっと見てるから手抜きできないよー」とボヤきながら走るお父さんも。「いつものCSCのレースでは、応援している自分の前を選手が通るときの様子しか知らないので、今回コースの奥の選手のスピードや、必死な姿を見ることができておもしろかった」と好評だった。

ピットインして選手交替。計測用のアンクルバンドを付け替え、ピットのチームメートがお尻を押して再スタートするピットインして選手交替。計測用のアンクルバンドを付け替え、ピットのチームメートがお尻を押して再スタートする

 大会のキャッチコピー「シーズン最後の耐久パーティー! 仲間と愉しく 苦行の末に光は見える!!」のとおり、走り応え充分な修善寺の6.2kmをそれぞれの走り方で満喫した出場者たち。じっくりと自分の走りを楽しみ「がんばったで賞」を受賞した横尾亘さんは、「寒かった! 夏の大会には来たことがあるのですが、今回はときどき休みを入れながら、マイペースで気楽に走れました。疲れたけれど、また来たいです」と笑顔で語ってくれた。

(レポート:東京都自転車競技連盟常務理事 十時正一郎)

■第5回TCFエンデューロ結果
【5時間の部】
1 日本体育大学(河内一晟、松本耀介、小林泰正、山川遼、金田明一郎)25周、4時間50分54秒
2 日本大学自転車部(大村恒平、大浦恭史、吉田優樹、吉田悠人、大浦尭) +0秒
3 イナーメ信濃山形(北野普識、ポール・ソールズベリー、皿屋豊) -1周
4 SPACE(橋本謙司) -1周
5 なるしまフレンドレーシングチーム(奈良浩) -2周
6 SWIFT Aチーム(柴田一朗、堀真也、剣持智規、道野畑真、青柳晃平) -2周
7 親父猫(佐藤健二、土井陽一、大塚秀人) -3周
8 チームオーベスト(西谷雅史) -3周
9 若猫(奥村哲也、土川裕己、鎌田隆宏) -3周
10 SWIFT Xチーム(宗野薫、桜井大地、本間寿和) -4周
【3時間の部】
1 多摩ポタ(齋藤和輝、斉藤義明)14周、2時間49分31秒
2 Racing Team UNO Racing Groupe(渡辺友一) +20秒
3 チームCB+(高橋義博) +1分59秒
4 Racing CUBE(五十嵐誠人、居鶴悠史) +5分02秒
5 チームオーベスト エスポワール(江見之広、江見俊輔) -1周
6 okamoto-condoms.com(川又直) -1周

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載