ドーピングでの闘いを中止、アームストロングが声明 タイトル剥奪の可能性も

  • 一覧
ランス・アームストロングランス・アームストロング

 自転車ロードレースで世界的に活躍したランス・アームストロング(米国)が23日、ドーピング違反を告発した米国反ドーピング機関(USADA)との闘いをこれ以上しないという声明を発表した。AP通信が伝えた。ツール・ド・フランスの7連覇などのタイトル剥奪や自転車競技からの永久追放処分を科される可能性があるという。

 昨年引退し、今はトライアスロン選手として活動する40歳のアームストロングは声明で無罪を主張したが「もう十分だ」と述べた。USADAは6月にエリスロポエチン(EPO)など禁止薬物の使用や血液ドーピングを告発した。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載