レスリング女子、ボクシング女子も2016年岩手国体で自転車女子など6種目を正式採用 2020年東京五輪に向け選手強化

  • 一覧
女子レーサーの頂点を決める全日本選手権のロードレースのワンシーン =2014年6月29日、岩手県八幡平市女子レーサーの頂点を決める全日本選手権のロードレースのワンシーン =2014年6月29日、岩手県八幡平市

 2020年東京五輪に向けた選手強化のため、16年岩手国体で新たに正式採用される種目が自転車女子やレスリング女子など6種目となることが12月4日、分かった。11日に開かれる日本体協の国体委員会で正式決定する。他にやラグビー7人制女子、水泳のオープンウオーター男女、ボクシング女子、重量挙げ女子が採用される。

 日本体協は東京五輪開催決定を受け、国体で行われていない五輪種目の実施を検討してきた。都道府県ごとの登録競技者数などの条件を満たした競技、種目について開催地の岩手県と実施可能か協議し、会場確保が難しいビーチバレー男女を除く6つに絞り込んだ。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載