最終戦・熊本大会のエントリーも開始清水一輝が驚異的なタイムでシリーズ2勝目 MTB「ダウンヒルシリーズ」第5戦

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)ダウンヒル競技の新しいシリーズ戦「DOWNHILL SERIES」(ダウンヒルシリーズ)の第5戦が11月23、24日、兵庫県たつの市の菖蒲谷森林公園で開催され、エリート男子は清水一輝(Madison Saracen)が制してシリーズ2勝目を飾った。

優勝した清水一輝。アグレッシブな走りは間近で見る観客を魅了した優勝した清水一輝。アグレッシブな走りは間近で見る観客を魅了した

晴天に恵まれた関西の定番コース

 好天に恵まれた第5戦の舞台は、赤や黄色に染まった色とりどりの木々に囲まれた菖蒲谷森林公園。常時オープンではないものの、何本ものダウンヒルコースや、ライダーからの評価の高いクロスカントリーコースが設けられた、関西では有名なMTBレース会場だ。

菖蒲谷森林公園に用意された特設コースが第5戦の舞台となった菖蒲谷森林公園に用意された特設コースが第5戦の舞台となった
搬送設備はなく、参加者はスタート地点までゆっくりとバイクを押し上げる。木漏れ日が心地良い搬送設備はなく、参加者はスタート地点までゆっくりとバイクを押し上げる。木漏れ日が心地良い

 今大会のコースは全長545m、標高差79mと短いながらも、漕ぎ区間、キャンバー、舗装路、ジャンプなど様々な要素が詰まったテクニカルなレイアウトだ。ダウンヒルシリーズ全6会場のなかでは唯一、選手とバイクの搬送がなく、スタートまで選手自身がバイクを押し上げることに。集まった100人の参加者は、仲間たちと話をしつつ、息を上げながら10分少々の坂道を登るのだが、それもまた一興。菖蒲谷のコースの醍醐味なのだ。

 メーン会場から見渡せるコース終盤にはジャンプが設置され、トップライダーたちのビッグジャンプに歓声が上がった。

ここまで全戦にエントリーしている小学生、古城栄翔。BMXで鍛えたジャンプスキルは大人顔負けのレベルここまで全戦にエントリーしている小学生、古城栄翔。BMXで鍛えたジャンプスキルは大人顔負けのレベル
併催されたクロカン部門、菖蒲谷CUPにも登場した末政実緒。地元、兵庫県開催とあって、リラックスした表情を見せた併催されたクロカン部門、菖蒲谷CUPにも登場した末政実緒。地元、兵庫県開催とあって、リラックスした表情を見せた
箕面マウンテンバイク友の会の代表を務める中川弘佳(Lovespo.com/laugh laugh)も参戦、秋晴れのコースを楽しんだ箕面マウンテンバイク友の会の代表を務める中川弘佳(Lovespo.com/laugh laugh)も参戦、秋晴れのコースを楽しんだ

 初日のタイムドセッションのエリート男子では、安達靖(DIRTFREAK/SARACEN)が1分7秒127で1位。2位には0.05秒差で清水一輝(Madison Saracen)がつけ、3位は1分8秒407で加藤将来(LOVEBIKES/ACCEL)。4位には阿藤寛(COMMENCAL/Topknot)、5位には菖蒲谷でのレースを得意とするリジッドバイクの名手、増田直樹(DTP)が続いた。

 2日目の本戦も青空が広がり、11月半ばにしては気温が高いコンディションとなった。ライダーたちはバイクの押し上げで汗だくになり、そして爽快に下る。ゴール後、ブースが並ぶメーン会場を通るライダーたちはみなレッドブルに手を伸ばし、コース攻略やバイクの話題で盛り上がった。

コンパクトにレイアウトされたブースエリアは常に活気に溢れていたコンパクトにレイアウトされたブースエリアは常に活気に溢れていた
菖蒲谷での経験豊富なMC、竹内明美が実況を担当菖蒲谷での経験豊富なMC、竹内明美が実況を担当

ワンミスが命取りの接戦

前半の細かい切り返しを攻める阿藤寛。高速からのフルブレーキング、ここからの抜重で一気に車体の向きを変える前半の細かい切り返しを攻める阿藤寛。高速からのフルブレーキング、ここからの抜重で一気に車体の向きを変える

 今大会には、すでに第一線を退いているライダーたちも参戦。タイムドセッション5位の増田や、2009年の全日本チャンピオン向原健司(MAGURA/RR/FK170)らが、往時を髣髴させるどころか、現役ライダーたちを脅かす走りを見せた。

 初日のタイムドセッションに参加しなかった向原は、本戦で早々に1分5秒584という痛烈なタイムをマーク。これは前日のタイムドセッション1位の安達を2秒近く上回る好記録だ。MCが読み上げた向原のタイムがスタート地点まで響き渡った瞬間、残されたトップライダー達の目の色が変わった。

 「ワンミスが命取りですね」。スタート前に井本はじめ(Lovebikes)が語った通り、この短くテクニカルなコースでは、たったひとつのミスさえ取り戻すことは不可能に等しい。

2位となった安達靖。「得意なコースです」と貪欲に勝利を狙ったが、一歩届かなかった2位となった安達靖。「得意なコースです」と貪欲に勝利を狙ったが、一歩届かなかった

 しかし現役ライダーにも意地がある。出走者6人を残したところで、井本が1分5秒287というタイムで向原を上回った。さらに、最後から2人目の清水が1分3秒480という驚異的なタイムを出した。

 残るは最終走者の安達だが、「今日の朝までは勝ったと思っていましたが、本番ではミスしてしまいました」という痛恨の走りで、タイムは1分4秒台。その瞬間、清水のダウンヒルシリーズ2勝目が決まった。

エリート男子表彰式エリート男子表彰式

 レース後、清水は「内容の濃いコースでした。いつも失敗していたコーナーで上手く決まったのが勝因ですね! (菖蒲谷には)他にもたくさんのコースがあると聞いたので、また走りに来たいです」と語った。

 エリート女子では末政実緒(DIRTFREAK/SARACEN) が安定の走りで優勝を飾った。地元・兵庫県出身の末政は、ホームコースともいえる菖蒲谷について「ここをみんなに走ってもらえて嬉しい!」と喜んだ。

ダウンヒルバイクに乗り換えてフィッシュを抜ける末政実緒ダウンヒルバイクに乗り換えてフィッシュを抜ける末政実緒
エリート女子表彰式エリート女子表彰式

若手 VS オジサン 熱い闘い

チャレンジクラスを面白くした地元のショップYRSの山本店長。執念でコンマ差の激戦を制したチャレンジクラスを面白くした地元のショップYRSの山本店長。執念でコンマ差の激戦を制した

 チャレンジ男子クラスの闘いも熱かった。注目を集めたのは、この春DH競技を始めたばかりながら、ダウンヒルシリーズではチャレンジクラス2連勝中で、ポイントランキングもトップを突っ走る19歳の藤村飛丸(BlankyDog/MUDDY CHOCOLATE)。この新鋭に挑むのは、Team IKUZAWA のメカニックなどを務めてきたProShopYRS(兵庫県加古川市)の店長、山本明(TeamYRS)だ。

 若者の勢いと、オジサンの経験値による闘いは、まずタイムドセッションで山本が0.871秒差で競り勝つ。本戦でも周囲から「若手に負けるな!」「チャレンジクラスで2位はないよね?」と温かいプレッシャーが襲いかかるなか、山本が渾身の走りをみせた。

 これが大人の意地、そして気持ちの差か。0.016秒という僅差で山本が藤村の3連勝を阻止してみせた。

チャレンジ男子表彰式チャレンジ男子表彰式
ファーストタイマー男子表彰式ファーストタイマー男子表彰式

レポート・平野志磨子
写真・SLmedia / Hiroyuki Nakagawa

火の国・熊本での最終戦 エントリー開始

 7月にスタートしたダウンヒルシリーズも、残すところあと1戦。 12月13、14日に熊本・吉無田(よしむた)高原「緑の村」で行われる最終戦のエントリーが、11月27日より始まった。下記リンクの「ダウンヒルシリーズ」ウェブサイトで、12月8日まで受け付ける。

 会場となる緑の村MTBコースでは、20年以上前からDH系イベントが開催されており、九州のDHレースの歴史の中心となっている。昨年夏にはyansこと柳原康弘氏監修のもと、「体験コース」「パンプトラック」「ダートジャンプコース」を同じフィールドに設置した、MTBスキルパークが完成。今まで以上にMTB熱が高まっている。

 コースは景色の良い草原を気持ちよく走り、コーナーの連続からドロップオフそしてバンク、最後に大きなテーブルトップでジャンプ!という、短いながらもダウンヒルのスピード感を楽しめるレイアウトだ。

 また、グラウンドからコースが一望できるため、各セクションに挑むトップライダーの熱い走りを見ることができ、ダウンヒルレースの楽しさ、かっこよさ、迫力をたっぷり感じることができる。

 大会初日、土曜日のタイムドセッション終了後には、コース内のテーブルトップを利用したジャンプコンテスト「JUMP JAM吉無田」も開催される。

DOWNHILL SERIES #6

日時:2014年12月13日(タイムドセッション)、14日(本戦)
参加費:大人5,500円、小学生以下4,000円
(土日入村料、バイク持込料、リフト乗車券含む)
募集定員:120人
エントリー期間:2014年12月8日(月)23:59まで
会場:熊本県上益城郡御船町田代8405-24 吉無田高原DHコース
会場地図:http://goo.gl/maps/XGd5G

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース ダウンヒル ダウンヒルシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載