バイクインプレッション2014「ORBEA ORCA OMR」 純真な軽量性の魅力を伸ばしたフラッグシップ機

  • 一覧

 スペインの総合バイクブランド、オルベアのフラッグシップモデル「オルカ」が2015年モデルとして再び刷新された。使用するカーボンのグレードを変えた、よりレーシーな「オルカOMR」と好パフォーマンスな「オルカOMP」の2種類が用意され、それぞれフレーム販売と完成車販売を用意している。今回は、長年纏ってきたオレンジ色を脱ぎ、前作よりも軽量化され、スリムになったオルカOMRを試乗した。

「ORBEA ORCA OMR」(オルベア オルカ OMR)「ORBEA ORCA OMR」(オルベア オルカ OMR)

「ORBEA ORCA OMR」(オルベア オルカ OMR)
価格:420,000円(フレーム、税抜)
1,380,000円(デュラエースDi2完成車、税抜)
サイズ:47、49、51、53、55、57、60
カラー:ブルーピンク、ブラック
問い合わせ先:ダイナソア http://www.dinosaur-gr.com/

スペック

フレーム:オルカOMRカーボン
フォーク:OMRカーボン カーボンコラム、カーボンドロップエンド
変速機:シマノ・デュラエースDi2(F)&(R)
ギヤ:デュラエース 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ
重量:6.4kg(完成車実測値)

路面からの振動をいなしつつ、コントロール性にも言及した、扁平で先が外側に開いた独特のデザインとなっているオルカのフォーク路面からの振動をいなしつつ、コントロール性にも言及した、扁平で先が外側に開いた独特のデザインとなっているオルカのフォーク
ヘッド周りのがっしり感はやや残したが、トップチューブからシートステーにかけてはシャープに変容ヘッド周りのがっしり感はやや残したが、トップチューブからシートステーにかけてはシャープに変容
高い振動吸収性を叶えるシートステーに比べ、幅いっぱいのようにボリュームのあるチェーンステー。内側には幾何学模様が覗く高い振動吸収性を叶えるシートステーに比べ、幅いっぱいのようにボリュームのあるチェーンステー。内側には幾何学模様が覗く

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する松尾修作 Neilpryde - Men's Club Pro Cyclingに所属し、キャプテンを務めるプロロードレーサーで、脚質はオールラウンダー。埼玉県・若葉駅近くでバイクサロン「SAKURAMENT」を経営する

米山 オルベアのトップモデルとして長らく親しまれてきたオルカは、もう5世代目になるそうだ。レースモデルながらラグジュアリーな一面を持つ人気のモデルだったし、より戦闘的な顔付きに変わってからも、勝利を重ねて存在感を保ってきたよね。

松尾 個人的には、見た目に機材供給を続けていたチームカラーのオレンジが入っていたほうが、オルベアのイメージだなと思いましたね。チームが消滅し残念ですが、それほど強い結びつきが印象に残っています。

米山 そうだね。試乗車は完全モノトーンの、黒で統一された1台だったけれど、でも逆にブルーピンクという斬新なカラーにもトライしているのもカタログでは目を引くよ。

松尾 前作に比べて、全体的に軽快感が出ていて、パリっとしたモノコック構造らしい剛性感は少なくなっていました。踏んだらギュンと進むのではなく、じわっと伸びていくフィーリングです。

米山 フレームはカッチリしているけど、どこかレースっぽくない気もする。安定感は高いけれど、ボクは踏みどころが見つけられないフレームだった。

松尾 好みは分かれるフレームかもしれませんね。米山さんの言うとおり、重心とバランスがいいので安定性は高かったと思います。そして振動吸収性が高く快適さのあるフレームに仕上がっています。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中

米山 乗り心地に関しては、いわゆるエンデュランス系のものとは異なるけれど、カーボンフレームとしては標準的なところにはあった。

松尾 レーシングモデルのわりにはパキパキな剛性ではなく、発進加速は得意なモデルではないからでしょうか。その代わり、上りセクションでの身軽さは光っていましたよ。特にダンシングのときは良かったです。

米山 そうか。前作よりもフレームはかなり軽くなって、山岳コースを得意とするバイクに振っているそうだね。

松尾 ええ、上りで良さを発揮して、軽快にダンシングができたのでクライミングバイクとして、進化を遂げたのだと思います。スプリントやダッシュよりはクライミングや巡航で気持ち良く走れるバイクなので、その部分を強く求めているタイプのライダーにオススメです。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円のロードバイク50万円以上のロードバイクオルベア(ORBEA)のロードバイク

30~50万円 50万円~ オルベア バイクインプレッション フレームセット レース向け自転車 ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載