新製品情報スコットのコンフォートバイク「ソレイス30」登場 独自技術で快適性と力強い走りを両立

  • 一覧

 スコットから、コンフォートカーボンロード「SOLACE30」(ソレイス30)が登場した。独自の工場でカーボン成型加工ができるスコットならではの技術で、快適性と、安定性や力強い走りを両立したバイクだ。

スコットのコンフォートカーボンロード「ソレイス30」スコットのコンフォートカーボンロード「ソレイス30」
ソレイス30のフレームは、上部が「コンフォートゾーン」、下部が「パワーゾーン」として、快適性とパワーを生み出しているソレイス30のフレームは、上部が「コンフォートゾーン」、下部が「パワーゾーン」として、快適性とパワーを生み出している

 フレームの上部とフロントフォークの下半分は「コンフォートゾーン」として、快適性を追求した設計になっている。トップチューブとシートステーを接続することによって、フレーム上部が一体となって、路面から受ける衝撃を分散させる。

 フレーム下部にあたる「パワーゾーン」は、ヘッドチューブ、太めのダウンチューブやボトムブラケットシェル、そして左右非対称のチェーンステーに至る部分で、フレームに必要な剛性や、パワー伝達効率を高める作りになっている。

シートステーはトップチューブやシートチューブとうまく連携し、余分なたわみをなくしているシートステーはトップチューブやシートチューブとうまく連携し、余分なたわみをなくしている
ワイドな設計のボトムブラケットとシートチューブの交差部分は側部やダウンチューブの剛性を高く保ち、たわみを最小限に抑えるワイドな設計のボトムブラケットとシートチューブの交差部分は側部やダウンチューブの剛性を高く保ち、たわみを最小限に抑える

 ソレイスはライダーの上半身がやや起きるように設計されていて、長時間のライドでも首や背中にかかる負担が軽減される。

 また、コンフォートゾーンの自然な衝撃分散をより効果的にするため、リアブレーキをBB後部に移動。剛性の高いBB裏部分にブレーキ台座を設けたことで、効きが良く、見た目もスタイリッシュにまとまっている。

■SOLACE30
税抜価格:265,000円
重量:8.1kg
フレーム:HMXカーボン
コンポーネント:シマノ105
SIZE:XXS/47, XS/49, S/52, M/54, L/56, XL/58, XXL/61

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクスコット(SCOTT)のロードバイク

20~30万円 スコット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載